富士通

米国本社内に
ショールームをつくる。

1つのブランドの傘下に6つのグループ企業があり、異なる拠点で活動をしていた富士通フロンテック様。カリフォルニアの本社に集結するのを機に、ショールームをつくりたい。同社米国社長の思いに対し、ワイズアンドパートナーズは、組織間に横串を差し、ブランドの「本質的な価値」を恊働で整理してゆく弊社独自のサービス「ブランドキャンプ」を提案しました。
ワイズアンドパートナーズの仕事に対するポリシーは、すぐに戦術に入ることを許しません。まずはブランドの現状を把握し、戦略の根っ子をかためることからはじめます。クライアント企業の組織間に横串を差し、よりブランド戦略に納得と理解を得られるようにするために、クライアントチームとエージェンシーが恊働で戦略を構築することに努めました。
異なる業界向けに、異なる製品群を持つ富士通フロンテック様では、数ヶ月をかけてブランドに対する議論を重ね、サービスマークデザインやショールーム開発のアイデアをつめてゆきました。
デジタルサイネージを中心とした無人でもツアーができるショールームには、ビデオコンテンツを中心に、ワイズアンドパートナーズのクリエイティブな工夫が随所に凝らされています。

富士通

Our Service
  • *ブランドキャンプ®
  • サービスマークデザイン開発
  • メッセージング開発
  • ショールームデザイン開発
  • グラフィックデザイン制作
  • ビデオプロダクション
  • デジタルサイネージ制作
  • ダッシュボードデザイン制作
Market
  • 米国ジェネラルマーケット
Our Language
  • 英語
*ブランドキャンプ®は、ワイズアンドパートナーズの登録商標です。