企業を成功に導く市場調査とは? | ワイズアンドパートナーズ
今、消費者はなにを欲しているのか? | 日本で、米国で、世界で。市場調査をするなら、ワイズアンドパートナーズ。
はじめに | 日本においても、海外においても、戦略的に市場調査を利用することはとても重要です。
ましてやポストコロナのニューノーマルな時代において、市場の変化に関する情報をいち早く得ることは、企業にとっては生命線であり、必要不可欠です。
市場調査から得られたデータは、ブランドや製品の方向性、製品開発やマーケティングに活かすことができます。
もちろん、それだけではありません。新しいビジネスのタネを探している場合も、市場調査という手法を利用するのはとても有益です。
貴社のビジネスの意思決定に際して、市場調査やそこから得られたデータを活用しきれてないということであれば、これを機に企業の成長に役立つ活用法を考えてみることをお勧めします。
市場調査とは? | 自社のターゲット層についてのデータを収集し、効率よく、かつ効果的にマーケティングを行うための手段です。市場調査は、B2B、B2C、企業規模の大小に関わらず、ビジネス戦略上、重要な役割を果たします。企業が成長するために必要なデータを獲得し、それらのデータに基づいて意思決定を行うことで、成功する確率が飛躍的に高まります。多くの企業は、一般論としての市場調査の重要性は認識してはいるものの、自社のビジネスを成功させるために市場調査がどれほど重要であるかまでは理解していないかもしれません。市場の動向が大きく変化している今だからこそ、市場をデータで把握すること。また、なかなか顧客に会えない今だからこそ、より深く理解する必要があります。
市場調査の種類 | 01 - ブランド調査 - ブランドを創造し、改良し、若返らせるための、ブランドそのものに焦点を当てた調査です。消費者とブランドとの関係性を調査することができます。 | 02 - 競合調査 - 競合ブランドの評判、マーケティングキャンペーンやメッセージ、想定ターゲットなどを調べます。業界トレンドに乗り遅れないための方法と言えます。 | 03 - 顧客セグメーション調査 - 特に新規事業にとって重要な調査です。具体的な消費者セグメントとニーズを特定することができ、ユニークなメッセージをつくることができます。 | 04 - 消費者調査 - 消費者についてより深く理解したい。「購買行動」「習慣」「関心事」や「製品に対する意見」「購入意向」などを知りたい場合に最適です。 | 05 - 製品開発 - 食品企業でいえば、製品コンセプトと味覚に乖離がないか、味や風味の嗜好はどうか、ネーミングやボトルはどうか、などの消費者インサイトを探ります。 | 06 - ユーザビリティテスト - 消費者がどのように製品を使用するか? たとえばウエブやモバイルアプリについて、ユーザーからのフィードバックをもとに、UI・UXを改善します。 | 07 - マーケティングキャンペーン評価 - マーケティングキャンペーンの効果に特化した調査です。たとえば、オンライン広告やSNS、インフルエンサーの活動について評価することができます。 | 08 - 受容性調査 - 海外で自社製品やサービスが受け入れられるか?その業界のプロに使用してもらい、使用感や好感度などについて意見を聞く当社独自の調査です。 | 09 - BTR(ビジネスのタネ)調査 - 新しいビジネスのタネを探している企業に最適です。ポストコロナの今、調査を利用して定期的に海外から情報を入手するのはとても価値があります。
市場調査の実施方法 | 市場調査には様々な方法があります。フィールド調査(一次調査)とデスク調査(二次調査)の違いを理解しておくのが良いでしょう。 | デスク調査 | フィールド調査を行う前の準備段階となる傾向があり、すでにあるデータを利用し、分析をします。たとえば、政府の国勢調査データ、業界レポート、市場動向に関する統計などがあります。この種の調査は、米国のような英語圏では多く、日本語圏では少ないのが特徴ですが、それらのデータを組み合わせることで、市場をより広く理解し、消費者トレンドや競合他社の傾向について知ることができます。 | フィールド調査 | カスタム調査のため、調査の戦略を立て、それを実行できる社外のハイスキルな調査専門家に依頼するというやり方が主流です。様々な業界の調査実績を積み上げた外部の専門家に委託することで、正確な質問設計やモデレーション、分析が可能になります。また、調査自体のプロセスを効率化し、消費者のプライバシーに関するリスクを避けることもできます。 | ワイズアンドパートナーズでは、2002年からさまざまなフィールド調査を行ってまいりました。下記はその一例です。 | キャンディやチョコレート、ラーメン、お茶などの味覚調査 - 生鮮食料品の受容性を計る調査 - 新製品(調味料や飲料)の購入意向を聞くホームユーステスト - 化粧品(スキンケア製品)を試してもらうホームユーステスト - ソーシャルメディアのコミュニティ調査 - ファッション関連リテールストアのコンセプト調査 - ゲームセンターを訪れる顧客に関する観察調査 - ウェブサイトやソフトウエアのUX調査 - アメリカのトレンド調査 - 訪日外国人観光客に対してホテルや観光地に関する調査 - 歯科業界のBtoB調査
私たちが選ばれる理由 | 01 - 調査未経験のクライアント様にも、懇切丁寧にコンサルテーション | 02 - 調査経験30年、1200事例を超えるリサーチャーが、案件を担当 | 03 - 専門領域をもったリサーチャー陣が、 それぞれの得意な業界や領域に対応 | 04 - 多言語、グローバル案件にも対応可 | 05 - 調査結果に責任をもつ。つまり忖度しない
実施されたお客様
市場調査は役に立つのか? | 私たちが日米双方の市場で20年以上に渡って多くの市場調査の経験を積み上げてきた結果として、市場調査はビジネスを成功させるための重要な手段であり、投資する価値があるものだと判断しています。
もちろん市場調査だけでビジネスが成功するわけではありませんが、企業を成功に導く意思決定に必要な情報を得ることができる、有益なツールだと断言することができます。
市場調査を行わなければ、成長の機会を逃し、誤ったビジネス上の意思決定を行うというリスクが伴います。
もし競合他社が市場調査を行っていれば、今まさに自社の顧客を奪われるリスクがあると言えるでしょう。
私たちについて | Ys and Partners は、2002年から「日本のブランドを世界で有名にする」というミッションを持ち、日本から北米に進出する企業を、日米の2拠点から支援してきました。
また、日本国内のお客さまに対しては、米国のマーケティングメソッドを使ったブランド戦略構築や消費者調査を始め、ユーザー体験を重視したウエブサイト構築、コンテンツ制作、広告メディア運用まで、ワンストップでサポートしています。
もっと知るには | 市場調査は、企業が成功するために必要不可欠です。ワイズアンドパートナーズでは、製品やサービスの受容性調査をはじめ、日本はもちろん海外(特に米国)においても様々な調査を実施しています。 | 60分の無料コンサルテーション・お申し込みフォーム

*は記入必須項目です。

個人情報の取り扱いについて

こちらのフォームにてご提供いただく個人情報は、お問い合わせいただいた内容へのご回答、資料送付、その他ご連絡のために利用いたします。ご同意いただければ、「送信」ボタンを押してください。プライバシーポリシーはこちらです。