Our Work U.S. Project

La Vie Précieuse様

The J Beauty Collection参加ブランドの事例。
ユニークな美容成分「プロテオグリカン」で米国市場に挑む。

Challenge

La Vie Précieuse A.P.G.Lineは、青森県弘前市に本拠地をおくラビプレさまが展開される、地元青森の農水産物でつくられた「地場化粧品」です。配合されている成分の一つである「プロテオグリカン」は、サケの鼻軟骨から抽出される新しい機能性素材。その驚異的な保水力と、従来は大量抽出が困難だったことから、かつては1g3,000万円で取引され、「夢の成分」と呼ばれていました。

このプロテオグリカンと、青森のりんごセラミド、そして津軽甘草の3つの主成分の配合によって誕生した、La Vie Précieuse A.P.G.Line。この製品を一人でも多くの方に届けたいという想いから、ラビプレさまは美容市場規模で日本を遥かに上回るアメリカ市場への進出に乗り出しました。

まったく新しい市場で、ゼロからのビジネススタートを目の前にされたラビプレさまには、戦略構築から販売、そしてPR活動などを一気通貫で実行できるパートナーが必要でした。

Our Services

J Beauty Collection

  • 米国受容性調査
  • ブランドストラテジー
  • ブランドデッキ
  • メディアリレーション
  • インフルエンサーマーケティング
  • トレードショーサポート
  • ウエブサイトデザイン

Markets

米国

Languages

英語

Solution

米国の美容市場は、日本の美容市場約4兆円に対して、約9.9兆円(2018年時点)にまで及んでいます。その拡大を続ける市場では、今、日本の美容を意味する「J-Beauty」が大きなトレンドとなっています。VogueやELLEなどの有名メディアや多くの美容インフルエンサー、小売店バイヤーが日本の美容製品に注目するほど、空前のJ-Beautyブームが起きているのです。

そんな中、私たちは、日本の美容製品のアメリカ進出を、「ブランド戦略」「販路開拓」「メディアリレーション」の3つの軸からサポートする、The JBeauty Collectionというサービスを2019年に立ち上げました。ラビプレさまは、いち早くこのJ-Beautyトレンドに大きな可能性を感じ、The JBeauty Collectionに参加表明をされました。

ラビプレさまの米国進出の第一歩として、まずアメリカの6人のJ-Beauty専門家による受容性調査を行いました。商品を試し、使用感、成分、コンセプトやネーミングがアメリカの消費者に受け入れられるかを検証するプロセスです。日本の常識が通用しないアメリカでは、この現地のプロによる受容性調査はなくてはならないものです。

受容性調査が終わると、次にブランド戦略の構築を行います。アメリカ市場において、どんなポジショニングで 、誰にどんなメッセージを届けるのか?これらを明確にする大事なプロセスです。アメリカでは、このブランド戦略がなければ、バイヤーやメディアに振り向いてもらうことすら困難です。

製品に配合されている「プロテオグリカン」は、本来廃棄されてしまうサケの鼻軟骨からエキスを抽出し、有効活用しています。私たちはこの事実を訴求ポイントとし、サステナビリティー(持続可能な社会の実現)という切り口でブランドストーリーをつくり、アメリカ人に伝わる形で言語化しました。ブランドデッキやウエブサイトコンテンツにも、このポイントを活かしています。

日本とは大きく異なり、メディアやSNSでのブランドプレゼンスも、アメリカのバイヤーにとっては重要な仕入れの判断基準となります。そのためSNS投稿はもちろん、インフルエンサーに商品を使ってもらい、率直な商品レビューをファンに向けて発信してもらうPR活動を行なっています。さらに美容業界のキーパーソンとの大切なタッチポイントである美容展示会にも出展し、多くのビジネスチャンスを獲得しました。

Results

米国で最も有名な二つの美容展示会Cosmoprof (コスモプロフ)とIndie Beauty EXPO(インディー・ビューティー・エキスポ)へ出展した際には、WWD(ダブリュー・ダブリュー・ディー)やAllure(アルーア)などのファッション・美容系メディアから注目され、インタビューで取り上げられました。

J-Beautyという大きなトレンドワードの傘下で活動しているとメディアの取材対象になりやすいというメリットもあります。また、大手量販店や美容専門店のバイヤーもブースへ訪れ有意義な商談につながりました。

インフルエンサーのPR活動を通して、ブランド認知は徐々に向上しています。ある一つの投稿で414件のいいね、291件のポジティブなコメントが付くほど、高いユーザーエンゲージメントが獲得できていることはバイヤー交渉でも有利な説得材料となっています。今後もこのようなPR活動を続け、次のステージである販路開拓フェーズでもラビプレさまを全力でサポートしてまいります。

インフルエンサー投稿例(Instagram)

Cosmoprof North America

米国メディア「Cosmetic Design」からインタビューを受ける、J Beauty Collection代表の結城彩子。

Web Design

青森の青池をイメージしたウエブデザイン。米国向けには、アメリカ人のライターが、コピーをオリジナルで開発。

Services