Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2016.06.28

GoProの動画コンテンツ、米国で急速に知名度を上げた理由は?

ウェアラブルカメラとして絶対的な地位を築いたGoPro。
彼らがその地位を急速に築き上げることができたのは、「ウェアラブル」という製品上の優位性だけでなく、数多くの優れた動画コンテンツがその背景にありました。彼らの魅力的な動画コンテンツはYouTubeを中心に瞬く間に話題を呼び、多くのビュー数、シェアを獲得。その話題性と拡散性は動画コンテンツ史上類を見ないものとなり、本国米国ではカメラ市場において確固たるポジションの獲得に成功しました。
現在彼らのYouTubeページは400万人以上の登録者を獲得。1500を超える動画がアップされ、過去5か月の1動画平均再正回数は82万回を記録するほどの人気コンテンツとなりました。
今回は彼らの動画コンテンツに焦点を置き、成功の秘密を探っていきます。
 
1.ユーザー視点の動画コンテンツ
GoProの動画コンテンツの中でも代表されるのが、GoProユーザーが捉えた映像です。彼らはGoProの一般ユーザーが彼らのカメラを使って撮影した動画を配信しています。また彼らは「GoPro Awards」というキャンペーンを行っています。このユーザー参加型のキャンペーンでは、一般のGoProユーザーが撮影した動画を募集し、Award受賞者には500万ドルの賞金が与えられます。
[youtube id=”chJ0HFpQ0A4&list=PLSSPBo7OVSZsljlGMHtOnWm8HXdUGl2Xt” autoplay=”no”]
このタイプの動画とキャンペーンの素晴らしい点は、オーディエンスがどんなコンテンツを求めているのかということを明確にできるということです。「ユーザーが撮った動画」=「ユーザーが撮りたい、見たい瞬間」ということであり、ユーザー視点に立ったコンテンツを制作していくことは、結果的に魅力的なコンテンツを配信することを可能にしています。またユーザーとともにコンテンツを作り上げていくことで、エンゲージメントを高めることにも成功しています。
彼らは自身の製品だけでなく、コンテンツ制作においても常にユーザーの「視点」に立ち続けているのです。
 
2.ストーリー性の重視
ストーリーテリングの要素は動画コンテンツには欠かせません。一貫したストーリー性を持たせることはオーディエンスを惹きつける大きな要因となります。
例えばカヤッキングのプロ選手、Nick Troutmanをフィーチャーしたコンテンツは全11章展開されています。その11章の中には動画コンテンツを主軸とし、その動画の背景を補足する画像や彼の紹介ページなどが展開されています。それらのコンテンツはFacebookやYouTube、さらに特集ページなどを通じシェアされます。多くのオーディエンスは様々なチャネルからこのコンテンツを知り、ウェブサイトにある特集ページに行けば、全11章に分かれているコンテンツをまとめて閲覧することが可能となっています。
 
 
3.日常生活に焦点を当てた動画コンテンツ
GoProはスカイダイビングやスノーボード、ロッククライミングなどのエクストリームスポーツに使われれることが多く、彼らの配信する動画もそういった関連のものだけだと思われがちです。
しかし実際は日常生活に焦点を当てた動画コンテンツも配信しており、これにはGoProが一般的にも扱えるということをプロモーションしていく狙いがあります。そういったコンテンツの中には、犬が留守番中に何をしているかをとらえた動画、睡魔に襲われる赤ちゃんの動画など、日常の中での1コマを配信しています。
[youtube id=”CjB_oVeq8Lo” autoplay=”no”]
 
 
4.他社とのパートナーシップ
GoProでは他社とのパートナーシップがコンテンツマーケティング成功のための一つのカギだと考えています。
RedBullがどのようにして一人称視点の動画を撮っていると思いますか? GoProがどのようにしてギャラの高いプロのアスリートを動画に出演させていると思いますか? 彼らは互いのアドバンテージを活かし、動画を協働で制作しています。彼らのパートナーシップはコンテンツマーケティング史上最も成功したパートナーシップの一つでもあります。コンテンツ制作においては他社と協力し、互いの長所を活かしたコンテンツを制作していくことも成功へのカギの一つとなるのです。
[youtube id=”Aec4uWBZoNQ” autoplay=”no”]
 


アメリカでビジネスを成功させる
Ys and Partners(本社カリフォルニア州)では、2002年から蓄積したマーケティング・コミュニケーションの知見、経験、技術を元に、コンテンツマーケティングの手法などを用い、北米に進出される日系企業様をご支援しています。また、日本オフィス(東京都港区、横浜市中区元町)では、北米に進出される予定のお客さまはもとより、東京でビジネスをされている皆さまへ、米国の最新事例のご紹介をしています。詳しくは弊社ブログページをご覧ください。


 
参考記事
GoPro: Nick Troutman
GoPro Awards
Why GoPro Could Replace Red Bull as the New King of Content Marketing
Content Marketing Success: Two Case Studies
GoPro YouTube Channel Stats
StockSnap.io

前の記事
Buzzfeedから学ぶコンテンツストラテジー、重要な5つのポイント!

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 Buzzfeedから学ぶコンテンツストラテジー、重要な5つのポイント!

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 なるほど! 統計でみる2016年米国コンテンツマーケティングトレンド

なるほど! 統計でみる2016年米国コンテンツマーケティングトレンド
アメリカからマーケターが来日し、不定期で勉強会を開催しています。ご興味がある方は、お問合せフォームよりご連絡ください。 | お問い合わせはこちら! アメリカからマーケターが来日し、不定期で勉強会を開催しています。ご興味がある方は、お問合せフォームよりご連絡ください。 | お問い合わせはこちら!

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
インスタグラムの新機能、リールは効果的?クリスマスキャンペーン結果報告!
New
アメリカでSNS運用をする前に。大事な危機管理とは?
New
アメリカの小売業界。昨年のホリデー商戦のセールス結果報告!