Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2022.01.11

米国食料品店の技術トレンド。サラダバーにAI技術を活用し、収益性向上と廃棄物削減を目指す。

ヨーロッパを代表するサラダバーブランド、Picadeli(ピカデリ)のAIサラダバー「The Arctic(アークティック)」がアメリカの食料品店にデビューします。Albertsons(アルバートソンズ:北米第2位のスーパーマーケットチェーン)は、健康的なファストカジュアルフードの選択肢として、2022年初頭にアークティックを東海岸で展開する予定です。ヘルシーなファストカジュアルフード市場は大きな需要がありながら、未開拓のニッチ市場であるため、これにより食料品店への集客力を増やすだけでなく、食品廃棄物を減らすことにもつながります。

アメリカは、2021年12月の最終週に、世界で最も多い新型コロナウィルス感染者数を記録しました 。[1]1日で448,000件以上という数字は過少報告の可能性もあり、2022年に向け、健康と安全は消費者の最注目トピックになりそうです。このようなタイミングに、ピカデリはAI制御のサラダバーを東海岸の店舗に導入します。

ピカデリのAIサラダバーはスーパーマーケットの未来形?

ピカデリのサラダバーは「アークティック」と呼ばれています。アークティックのサラダバーは、食材の鮮度や補充頻度、各食材の最適な温度などを把握し、最高の味と鮮度を保つための最新鋭の機器で、内蔵された人工知能(AI)がこれらの機能を維持し、会社に報告します。また、サラダバーで提供される料理は、店舗によってカスタマイズされます。

アークティックの機器がサラダバーを内包し、そこから食品を取り出せるように小さな開口部が設けられています。これにより、顧客由来の食品の汚染率を減らすことができます。新型コロナウィルスの新しい型により、公共の場での汚染が懸念される今、こうした対策は特に重要です。[2]アークティックは、ほとんど人の手を介さないセルフサービス方式で、サラダバーの容器の補充や清掃などの作業を除き、調理や会計は顧客自身で行うことができるようになっています。[3]

ピカデリは、すでにヨーロッパで2,000店舗以上の食料品店でアークティックを導入しています。ピカデリは機器だけでなく、機器内の食品も供給しています。アメリカのピカデリの共同設立者の一人であるPatrik Hellstrand氏は、ピカデリの目的はAI技術ではなく、「食品を売ること」だと言います。[4]

ピカデリのサラダバーが成功する2大理由。

現在アメリカで展開しているアークティックのサラダバーは、ヨーロッパでの展開に比べれば小規模なものですが、顧客に喜ばれることは間違いないでしょう。その理由は大きく2つあります。

第一に、ピカデリは現在米国で提供されていないファストフードの選択肢、すなわちヘルシーな選択肢を提供しています。「ヘルシーファストカジュアル」という言葉は、アメリカ人の健康志向を背景に、より多くの人に支持されています。新型コロナウィルスの大流行とその多発は、多くの消費者に食習慣への警鐘を鳴らしています。現在のところ、多くの消費者が利用しやすいヘルシーなファストカジュアルフードの選択肢はアメリカにはほとんどありません。アークティックの機器をビジネスに加える食料品店は、たとえ店内に座席を提供できなくても、この市場を容易に開拓することができるでしょう。

第二に、ピカデリのAIによる食品の監視は、気候変動の主な原因である食品廃棄を抑制する優れた方法です。AIは、各食材がバーからどれくらい取られているかを(個別ではなく全体的に)監視しています。もし、ある食材の人気が低いことがデータでわかれば、次の食材の出荷にはそれを反映し、それほど多くの量を出荷しないようにします。一方、ある食材の人気が高ければ、AIはその食材をより多くバーへ供給するようにします。これと、先に述べた食材の鮮度を保つための温度管理システムを組み合わせることで、1日の終わりに捨てられる食材の量を減らすことができるのです。

サラダバーから始まるスーパーマーケットの未来。

パンデミック時の大きな懸念事項のひとつは、ロックダウンが解除された後、人々が通常の買い物習慣に戻るかどうかにありました。新型コロナウィルスが次々とアメリカを襲い、オミクロンのような新型ウイルスによりさらに閉鎖を余儀なくされる中、店舗は店頭での買い物を促す方法を考えなければなりません。

ピカデリ社の「アークティックサラダバー」を店内に設置すれば、食料品店はランチを求める買い物客を店内に引き込むことができます。さらに、食品廃棄物の減少と、健康的な食事は、買い物客に好評を得られる可能性があります。

近年、各州では、食料品店から出る食品廃棄物に関する法律について議論を始めています。つまり、多くの店舗が、廃棄物全体を減らすために、アークティックのようなAIソリューションを求めている可能性が高いのです。[5]

さらに、このサラダバーは維持費を低く抑えられるため、純収益が高く、人通りの少ない店舗や人手不足の店舗には最適な選択肢となります。

より多くのAIや機械が買い物体験に導入されるようになるにつれ、実店舗の小売体験の風景は大きく変わっていくでしょう。

◉ Ys and Partnersでは、アメリカと日本において、数々の実績があるバイリンガルのマーケティングチームがサービスをご提供しています。ぜひ、お気軽にご相談ください!

 


参照元:

[1] https://www.theguardian.com/world/2021/dec/30/us-new-daily-covid-cases-record-omicron-spreads

[2] https://www.picadeli.com/en/our-salad-bar-arctic/

[3] https://www.retaildive.com/news/albertsons-pilots-ai-driven-salad-bars/616484/

[4] https://www.grocerydive.com/news/europes-picadeli-to-bring-its-high-tech-salad-bar-to-the-united-states/597485/

[5] https://www.cbs8.com/article/news/local/new-california-law-looks-curb-food-waste/509-fdfeff2e-a34a-40d9-a198-fa75336f5e53

前の記事
スキンケア成分スポットライト:ハトムギ

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 スキンケア成分スポットライト:ハトムギ

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 J-Beauty 2022年 新年へ向けた4つの抱負

J-Beauty 2022年 新年へ向けた4つの抱負
新年早々テスト公開されたのは、利用者がフィードの表示方法を変更できる機能で、集客やエンゲージメントに影響を与えることから大きな注目を集めています。

2022年、注目すべきインスタグラムの新機能

2022年、注目すべきインスタグラムの新機能

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
アメリカ市場調査から:2022年のマーケティングに欠かせない3つのトレンド。
New
広告会社や専門家が、デジタルマーケティングにAIを活用している重要な3つの理由。
New
インスタで集客したいなら、知っておくべきソーシャルコマース!