Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.07.16

これからのSNSマーケティングのヒント!インスタグラムCEOがプラットフォームの新しい方向性を発表。

インスタグラムのCEOであるAdam Mosseri(アダム・モッセーリ)氏は、先日インスタグラム上で、同プラットフォームを写真コンテンツから動画コンテンツに特化させることを発表しました。これは、ユーチューブやティックトックのような動画に特化した競合他社の成功や、動画コンテンツが静止画よりも多くの売上をもたらすという十分な調査結果を受けてのことでしょう。ソーシャルメディアのマーケティング戦略において、写真コンテンツは依然として不可欠な要素ですが、動画コンテンツは成長を続け、アルゴリズムの中で優先されていくに違いありません。

インスタグラムCEOの最新発表。

インスタグラムのCEOであるアダム・モッセーリ氏は、2021年7月上旬に、プラットフォームの展望について発表しました。2010年にサービスを開始したインスタグラムは、主に写真共有アプリとしての役割を担ってきました。動画機能はこれまで、ストーリーズやIGTV、そして最近ではREELで追加されてきました。しかし、それらはすべてメインである静止画投稿の二次的な役割を担うものでした。

モッセーリ氏は、これを変化させることを発表しました。今後インスタグラムは、静止画よりも動画コンテンツに焦点を当てていくと言います。モッセーリ氏は、「私たちはもはや写真共有アプリではありません。」[1] と明言しました。

なぜインスタグラムは動画コンテンツに注力するのか?

静止画コンテンツから動画に焦点を当てたこのシフトの最大の要因は、おそらくインスタグラムの主要な競合他社によるものでしょう。

ティックトックやユーチューブなどのプラットフォームは、インスタグラムと直接競合しており、インスタグラムは両者に負けている状況です。最近のレポートによると、人々は毎日平均28分をインスタグラムに費やしています。また、過去にユーチューブのユーザーは平均40分を費やしていましたが、その時間は18分にまで減少しています。[2]このような状況にもかかわらず、アメリカ人の90%がユーチューブを動画視聴のプラットフォームとして好んで利用していることは重要な情報です[3]。ティックトックは現在、ユーザーの関心を引くことに最も優れており、平均的なユーザーは、1日に52分を費やしています。実際、多くのティックトックユーザーは、いずれティックトックチームが作成した「スクロールを休憩しましょう」という動画に出会うことになるでしょう。[4]

モッセーリ氏とインスタグラム社のユーザー調査によると、人々がインスタグラムを開く理由の第1位は「楽しむため」です。これは、人々がユーチューブ[5]やティックトック[6]を見る理由と同じです。しかし、インスタグラムは、動画コンテンツの量では両プラットフォームに劣っています。

ビデオコンテンツの力。マーケターが知っておくべき3つの必須動画コンテンツ統計。

インスタグラムやソーシャルメディアについてどう思うかに関わらず、コンテンツ、特に動画コンテンツが平均的なユーザーにどれだけ効果的であるかは、データが証明しています。ここでは、動画コンテンツがいかにインパクトのあるものであるかを示す、動画コンテンツに関する3つの統計をご紹介します。

1)68%の消費者が、新製品について知るとき、静的なコンテンツよりも動画を好みます。プレゼンテーションや記事、さらにはインフォグラフィックのようなわかりやすい画像よりも、動画が好まれることがわかっています。

2)製品に関する情報をテキストで読んだ後に内容を覚えていると答えた人が10%であるのに対し、製品に関する新しい情報が動画で提示された場合、調査対象者の90%が、容易にその情報を覚えていると答えています。

3)64%の消費者は、ブランドのソーシャルビデオを見た後に購入をしています。ソーシャルメディアのプラットフォームにエンターテインメントを求めるユーザーは、動画によってよりコンテンツを楽しむことができ、動画によってより積極的に関与しようとし、重要な情報を持ち帰ります。だからこそ、マーケターやインスタグラムのようなプラットフォームにとって、動画コンテンツに注力することは理にかなっていると言えるのです。

まとめ:インスタグラムの新しい方向性。

要約すると、ブランドが充実したマーケティング戦略をとるためには、静的なコンテンツは依然として重要ですが、動画は明らかに一人勝ち状態となっています。そのため、インスタグラムは時代の変化に対応しようとしているのです。

インスタグラムの利用者の多くは若い世代であり、ミレニアル世代とは異なり、Z世代のインスタグラム利用者は「ソーシャルコマース」の考え方にとても馴染んでいます。ミレニアル世代は、オンラインで物を買う「Eコマース」に馴染みましたが、Z世代の「ソーシャルコマース」は、ソーシャルメディアのアプリを通じて直接オンラインで物を購入することを指します。

人気アプリ、ティックトックでよく見られる傾向として、商品が流行すると、「ティックトック~」として知られるようになる、という現象があります。実際、ティックトックアプリのハッシュタグ「#tiktokmademebuyit」は23億回以上見られています。[7]

動画コンテンツはユーザーが購入する可能性を高め、インスタグラムの主なユーザーは「ソーシャルコマース」に慣れてきているため、写真から動画にフォーカスを移すのは正しい考え方です。

ただし、これは静的な投稿自体が不要だということではありません。動画コンテンツは常に写真コンテンツよりも多くの回線容量を必要としますし、米国ではWi-Fiがどこでも保証されているわけではありません。さらに、大量のコンテンツを制作するには、静止画は費用対効果が高く、時間的にも効率的な方法であるため、インスタグラムのアルゴリズムにアカウントがアクティブであることを示すのに不可欠です。

とはいえ、「ソーシャルメディアマーケティングに動画を加えるべきか?」という問いには、間違いなく「イエス」と答えることになるでしょう。

 

Ys and Partnersでは、ソーシャルメディアのクリエイティブ制作やインフルエンサーPR、広告運用支援を行っていますので、ぜひこの機会にご相談ください。

 


参照元:

[1] https://www.tubefilter.com/2021/07/01/instagram-ceo-teases-video-features-push/#:~:text=In%20a%20brief%20state%20of,any%20new%20products%20per%20se.

[2] https://www.omnicoreagency.com/youtube-statistics/

[3] https://www.wordstream.com/blog/ws/2017/03/08/video-marketing-statistics   

[4] https://newsroom.tiktok.com/en-gb/family-safety-mode-and-screentime-management-in-feed

[5] https://www.thinkwithgoogle.com/data-collections/youtube-stats-video-consumption-trends/

[6] https://www.digitalinformationworld.com/2020/09/60-percent-tiktok-users-use-the-app-to-find-entertaining-content-and-34-brands-use-it-to-communicate-with-customers.html

[7] https://www.forbes.com/sites/forbesagencycouncil/2021/05/17/gen-z-and-the-rise-of-social-commerce/#:~:text=Social%20commerce%20platforms%20for%20Gen,more%20than%206.7%20billion%20views.

前の記事
新しいソーシャルメディアプラットフォーム。トランプ前大統領の元側近が「ゲッター」を立ち上げる。

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 新しいソーシャルメディアプラットフォーム。トランプ前大統領の元側近が「ゲッター」を立ち上げる。

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 インスタグラムのバーチャル試着機能。ARシステムを使ったこれからのEコマースとソーシャルコマースの未来とは?

インスタグラムのバーチャル試着機能。ARシステムを使ったこれからのEコマースとソーシャルコマースの未来とは?
ZOOM オンライン開催予定 | 第11回 アメリカマーケティングセミナー | 無料講座 | 初心者のための「ピンタレストをはじめてみよう!」 | 開催日 :米国西海岸 8/4・日本 8/5 ZOOM オンライン開催予定 | 第11回 アメリカマーケティングセミナー | 無料講座 | 初心者のための「ピンタレストをはじめてみよう!」 | 開催日 :米国西海岸 8/4・日本 8/5

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
アマゾンが取り組んでいるSDGs:「Climate Pledge Friendly(気候契約フレンドリー)」 プログラムとは?
New
ソーシャルメディアマーケティングの最新情報。ユーザーはもうアプリに自分のデータへのアクセスを許可しない?
New
アメリカの新しい買い物トレンド。ショッピングモールがEコマースを利用し、体験を再定義する