Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.11.22

これからホリデーキャンペーンを始めるマーケティング担当者は要チェック!ピンタレストが提供するホリデーマーケティング情報。

今年も残るところ1か月弱となりました。アメリカではすでにホリデーシーズンに突入し、ホリデーショッピングを始めている消費者も少なくありません。クリスマスプレゼントのアイデアなどを探している中、いま多くのひとが訪れる先がピンタレストです。そんなピンタレストが今月、「New Holiday Marketing Hub(新ホリデーマーケティングハブ)」をローンチし、ブランドのホリデーキャンペーン立案に役立つ情報を提供しています。

 ピンタレストによるホリデーキャンペーン戦略に役立つ情報。

 ホリデーキャンペーンを始める良い時期は?

毎年ホリデーキャンペーンの開始時期を悩む企業も多いことでしょう。ピンタレストは、昨年得たデータから、今年はとくにホリデーキャンペーンを早い時期から始めたほうが良いと話しています。

2020年にピンタレストが集計したデータによると、昨年、競合他社よりも早い時期にピンタレスト広告でホリデーキャンペーンの告知を行ったブランドは、売上げが6%以上にまで向上しました。また、ホリデーキャンペーンのピンタレスト広告が、早い時期にユーザーの目に留まったことで、コンバージョンが4.7倍高くなったなど、ホリデーキャンペーンを早く始めているブランドほど、より良い結果を出していることが分かります[i]。

ピンタレストが共有した下記のグラフは、昨年のホリデーショッピングについての検索数の推移を、ピンタレストやグーグルなどの検索エンジンで比較しているものになります。このグラフを見ると、ピンタレストでもグーグルなどでも、いかに消費者が10月初めからホリデー関連のことを調べているかが分かるでしょう[ii]。

(ピンタレストから:2020年8月から12月の間で、ホリデー関連の検索数をピンタレストと検索エンジンで比較したもの)

ピンタレストが教える6タイプのホリデーショッパーの特徴。

キャンペーンを始める時期も大事ですが、始める前にキャンペーンのターゲット層を決めるのも重要なステップです。ホリデーシーズンに向けて、いつ買い物を始めるか、何を買うかなどは、もちろん人それぞれ異なります。ピンタレストは、毎年のユーザー行動のパターンをもとに、ホリデーシーズン中の消費者の行動パターンを6つのタイプに分けています。

Early Bird(アーリーバード):

「Early Bird」は、直訳すると「早起きのひと」を意味しますが、ホリデーシーズンにおける「Early Bird」は「誰よりも早くにホリデーショッピングを始めるひと」のことを表します。このタイプの消費者は、今年のホリデーに向けて買い物をするだけでなく、すでに来年のことも考えており、バーゲンセールなどにもいち早く反応します。

Traditionalist(トラディショナリスト):

このタイプの消費者は、毎年同じ時期にクリスマスツリーを飾り、同じ定番のクリスマスレシピを作り、同じように家族とお祝いをするなど、行事の伝統を守ることを重視します。そのため、毎年ショッピングリストにあまり変化がないのも特徴です。

Self-gifters(セルフギフタ―):

Self-giftersとは、毎年のホリデーに自分自身のご褒美として、自分にもプレゼントを買っている消費者のことです。もちろん家族や友人へのプレゼント探しにも力を入れますが、自分自身へのプレゼント探しにも抜かりはありません。

The rookie host(ザ・ルーキーホスト):

昨年はホリデーパーティーを開催することが難しかったことから、「今年こそは!」と久しぶりのパーティーを計画する若者消費者も少なくありません。カクテルレシピやフードレシピ、パーティー用へのデコレーションなど、より多くのインスピレーションを求めているため、ピンタレストとは最も相性の良いタイプとも言えるでしょう。

The shipping-first shopper(シッピングファーストショッパー):

まだコロナウイルスへの不安も残っていることから、今年もオンラインでホリデーショッピングを済ませたいこのタイプの消費者は、製品の内容以外にも、無料デリバリーやカーブサイドピックアップがあるかどうか、リターンポリシーやカスタマーサービスが充実しているかどうかなども考慮して買い物をしているのが特徴です。

Next-level party planner(ネクストレベル・パーティープランナー):

「The rookie host」の先輩にあたるのが、「Next-level party planner」です。毎年この時期にはパーティーを開くのが定番だと思っているタイプの人々ですが、「Traditionalist」とは違い、デコレーションやホリデーレシピなどに変化を加えたり、新しいことに挑戦したりすることを好みます。

 まとめ

ホリデーシーズンはブランドにとって認知度や売上を向上させるのに最適な時期です。ホリデーキャンペーンを成功に収めるためには、準備段階を怠らないこと、告知をするベストなタイミングを見極めること、キャンペーンのターゲット層を明確にすることが挙げられます。

ピンタレストは、これからホリデーシーズンに向けて、インスピレーションを求めにやってくる消費者にリーチするのに最適なSNSプラットフォームです。また、キャンペーン・クリエイティブのアイデアなど、企業のマーケティング担当者にとっても、刺激を受ける面白い情報が盛りだくさん。

早速、要チェックですね!


参照元:

[i] https://business.pinterest.com/holiday/

[ii] 上記同様

前の記事
妻から見て、自分が良い夫だと仮定する。

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 妻から見て、自分が良い夫だと仮定する。

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 日本のスキンケアレビュー:La Vie Précieuseは大きなゲームチェンジャーだ

日本のスキンケアレビュー:La Vie Précieuseは大きなゲームチェンジャーだ

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
小売りマーケティングのトレンド:デジタル広告からの脱却を目指す広告主。
New
日本のスキンケアレビュー:La Vie Précieuseは大きなゲームチェンジャーだ
New
J-Beauty Spotlight: 日本で活躍するMC・ナビゲーターの玲奈バンビーノへのインタビュー!