ホーム ブログトップ 日本の銭湯文化について/The JBeauty Collectionブログ

ブログ

米国マーケティングトレンド研究会 2022.01.28

日本の銭湯文化について/The JBeauty Collectionブログ

米国のThe JBeauty Collectionが英語で情報発信しているブログシリーズ。今回は、日本の銭湯文化について紹介しています。以下、英語から日本語への翻訳文となります。

The JBeauty Collectionブログで温泉水の効果について読まれた方は、日本人にとって温泉とは様々な理由で大切な存在だということを、すでにご存知かもしれません。ミネラル含有量が高く、温泉は高品質なお風呂体験を提供してくれますが、温泉施設に行くのが難しいという方もいらっしゃるかもしれません。温泉よりもっと身近なお風呂体験ができるのをご存知でしょうか?銭湯は都市にも田舎町の近所にもあります。お手頃で便利な銭湯は、地元の人が一息つくためだけでなく、近所の人と交流にも頻繁に利用されてます。そのため、銭湯を利用しているお隣に座った方から突然話しかけられても、驚かないでくださいね!そして、銭湯を利用する人は裸になることを恥ずかしがらず、礼儀正しくお風呂に入ります。水着なしで、人前でお風呂に入れる人は、新たな良い経験ができるはずです。

銭湯の歴史

古代歴史より、大浴場についての記録は様々ですが、東京での初めての銭湯は1591年に建てられたそうです。第二次世界大戦後、一般の家にお風呂の設備がない時代に、銭湯が増え、大浴場でお風呂に入ることがめずらしくなくなりました。最近では、銭湯に行く必要性は減りましたが、銭湯の文化は「スーパー銭湯」として、スチームバスや流れるお風呂、露天風呂やサウナ、レストラン、マッサージサービスやヘアサロンを含む、大型の健康スパ施設として展開が増えております。

銭湯のお湯の効果とは?

冬の季節に、お手軽に地元の日本人の日常を体験することができる以外に、健康やウェルネス効果がたくさんあります。銭湯のお湯は42℃ぐらいに常に設定されており、これは家のお風呂で常に維持するのは難しい場合があります。この温度で、疲れをとったり、筋肉をほぐしたり、代謝を整えたり、気分を上げたりすることができます。また、銭湯のお湯は肌にとても効果的です。J-Beautyのファンによれば、お風呂の湯気を活用し、肌のデトックスをすることによって、毛穴をきれいにし、肌の保湿をすることができます。

銭湯での礼儀・マナー

銭湯で最大限の経験をするにはどうすれば良いのか?日本の銭湯で注意すべき礼儀やマナーを紹介します:

行く前に

持ち物は、タオルと新しい着替えを一式です。スーパー銭湯では、シャンプーやトリートメント、ボディーウォッシュなどの用意はあるかもしれませんが、念の為、自前で準備いただくのも良いでしょう。

掛け湯:お風呂に入る前に

銭湯のお風呂に入る前に、まず掛け湯をすることがマナーです。その日の汚れやメイクを全て洗い流すことによって、銭湯の衛生的管理を保ち、自身の体の体温をお風呂に入る前に調節する役割があります。体を洗い流す際に、次に利用する方のためにバススツールや湯かけ、手桶なども一緒に洗い流し、マナーを守りましょう。

入浴中に

入浴中は、タオルも一緒に入れないようにしましょう。頭の上、もしくはお風呂の端に置きましょう。

お風呂の後に

日本では、室内を濡らすことはあまりよく見られないため、着替え室はなるべく水浸しにしないように心がけましょう。入室する前に、なるべく水滴をとり、ヘアドライヤーで髪の毛を乾かすなどしましょう。

米国マーケティングトレンド研究会2022.01.20

アメリカのJ-Beautyブログから「2022年冬のスキンケア製品を星座別におすすめ!」

米国のThe JBeauty Collectionが英語で情報発信しているブログシリーズ。今回は、2022年 冬のスキンケア製品を星座別に紹介しています。以下、英語から日本語への翻訳文となります。 牡羊座: 牡羊座の人は […]

前の記事
コロナに感染しても(症状が出てなければ)出勤せよ???

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 コロナに感染しても(症状が出てなければ)出勤せよ???

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 SNS集客に必須!ソーシャルコマースがいま最も有利な業界とは?

SNS集客に必須!ソーシャルコマースがいま最も有利な業界とは?

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
アメリカ人はTikTokをどう使っている?ドリンク編
詳細を見る
New
現代日本の美の基準。他文化との違い
詳細を見る
New
アメリカ人はTikTokをどう使っている?インテリア編
詳細を見る