ホーム ブログトップ インスタグラム集客に効果的!キーワードを使ってSEOを強化しよう

ブログ

米国マーケティングトレンド研究会 2022.04.20

インスタグラム集客に効果的!キーワードを使ってSEOを強化しよう

19,500万件以上もの写真や動画が投稿されているインスタグラム[i]。そんな競争率が高いプラットフォーム上で、自身の投稿をフォロワー以外に見てもらうためには、SEOを強化することも大切です。今回は、インスタグラムのSEOを強化し、投稿リーチを増やす方法についてお話しします。

インスタグラムにおけるSEOの重要性

インスタグラムで、広告を使わずに自社アカウントのフォロワー以外に投稿を見つけてもらうためには、「発見タブ」に載ることが最善な方法です。「発見タブ」とは、その名の通り、ユーザーが新しい投稿を「発見」する場所で、グーグルやヤフー検索と似た役割を担っています。特定のキーワードを検索すると、そのキーワードに関連する投稿をインスタグラムが探しだし、提示してくれるのです。キーワードにより関連性の高いと判断された投稿が検索結果の上部に表示されます。

インスタグラムに、「特定のキーワードに関連している投稿」だと判断されるためには、「この投稿がどういったものか」をキャプションやハッシュタグ内で表現する必要があります。昔のアルゴリズムでは、ハッシュタグからでしかキーワードを読み取ることができませんでしたが、現在はハッシュタグだけでなく、キャプションや画像、プロフィール画面の説明文からも読み取れるようになりました。そのため、一定のキーワードが入っている箇所が多ければ多いほど、インスタグラムに「どういった投稿なのか」が汲み取られやすくなり、そのキーワードの検索結果に表示されやすくなるのです。

発見タブ(赤枠のマークを押すと表示されるタブ)

インスタグラムSEOを強化する方法①:ブランドのキーワードを決めよう

インスタグラムのSEOを強化するためには、まずブランドのキーワードを決める必要があります。ブランドが属するカテゴリー、発信しているコンテンツ、他社との差別化ポイント、アプローチしたいターゲット層などを整理し、洗い出されたキーワードをキャプションやハッシュタグで使っていきます。

キーワードを決めていくにあたって一番大切なのが、「ターゲットがどのようなキーワードを検索して、投稿に辿り着くか」を予測することです。インスタグラムでは、各投稿のハッシュタグや発見タブからの表示回数が計測できます。ハッシュタグと発見タブからの表示回数が高い投稿を分析すると、これらの投稿に繰り返し使われているキーワードが見えてきます。それこそが、ターゲットによく検索されているキーワードであり、コンテンツ制作で集中すべきキーワードなのです。

インスタグラムSEOを強化する方法②:キーワードをコンテンツ制作に取り入れよう

1の方法でブランドのキーワードが決まったあとは、これらのキーワードを定期的に使っていく必要があります。投稿のキャプションやハッシュタグ以外にも、アカウントのプロフィール上でもキーワードが入っているかどうか、今一度確認してみましょう。プロフィールは、自社アカウントをフォローすることのメリットを、ユーザーにもインスタグラムのアルゴリズムにもアピールする最適な場なのです。

インスタグラムSEOを強化する方法③:関連性の高いハッシュタグを付けよう

SEO対策において、ハッシュタグはとても重要な役割を担っています。ハッシュタグ戦略でよく話題に上がるのが、「ハッシュタグはいくつ入れるのが最善か」でしょう。しかし、インスタグラムのアルゴリズムが進化し、ハッシュタグ以外でもキーワードを認知できるようになった今、一番重要なのは、「数」ではなく「質」になります。

ハッシュタグの質を左右するのは、投稿との関連性です。関連性が高いと判断された投稿ほど、インスタグラムのアルゴリズムに認知されやすくなり、発見タブに載る可能性が高くなります。一方、その投稿にあまり関係のないハッシュタグを乱用すると、スパムと判断されることもあるため注意が必要です。SEO対策で最も効果的なハッシュタグの付け方としては、方法1で決めたブランドのキーワードと一緒に、投稿に関係するハッシュタグをバランス良く組み合わせることです。

以上が、インスタグラムのSEOを強化するための3つのポイントでした。

Ys and Partnersではアメリカと日本の両国でSNSでのブランディングや集客コンサルティングを行なっております。ぜひ、お気軽にご相談ください。

↓他のプラットフォームの特徴と活用方法についてはこちら!! ↓

米国マーケティングトレンド研究会2022.03.09

【アメリカの主要SNS】プラットフォーム別の特徴とワンポイントアドバイス!

ご存知の通り、SNSのユーザー層はプラットフォームごとに異なり、使われ方も様々です。それぞれのプラットフォームの特徴を知り、自社のブランドに合ったSNS戦略を立てることが重要になります。この記事ではアメリカで使われている […]

 

参照元

  1. https://www.wordstream.com/blog/ws/2017/04/20/instagram-statistics
前の記事
日本のオフィス機能を、横浜に一本化しました!

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 日本のオフィス機能を、横浜に一本化しました!

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 日本菓子のEコマース「Bokksu」が海外から支持される理由

日本菓子のEコマース「Bokksu」が海外から支持される理由

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
アメリカ人はTikTokをどう使っている?ドリンク編
詳細を見る
New
現代日本の美の基準。他文化との違い
詳細を見る
New
アメリカ人はTikTokをどう使っている?インテリア編
詳細を見る