Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.10.20

TikTok(ティックトック)が、強力なマーケティング・プラットフォームである4つの理由。

TikTok(ティックトック)は、新規顧客の開拓を目指すブランドにとって主要なプラットフォームとなっています。ソーシャルメディア・マーケティングのキャンペーンでTikTokを使うことは、ユーザーに発見されるための有効な方法です。TikTokの成功には4つの理由があります。それは、TikTokが動画のみのコンテンツであること、そのコンテンツの中に広告がうまく仕込まれていること、そしてTikTokユーザーが新製品の発見に興味を持っていることです。

TikTokがソーシャルメディアの状況を一変させたことは周知の事実です。2016年に開始されたTikTokは、10億人以上のユーザーを獲得するのにわずか5年しかかかりませんでした。Facebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)のような古参のプラットフォームが同じマイルストーンに到達するのにそれぞれ8.6年と7.7年かかったのと比較すると、その勢いの違いがよくわかります。[1]

多くの人にとってTikTokは素晴らしいエンターテインメントですが、試してみたい新製品を発見するための手段にもなっており、ハッシュタグ「#TikTokMadeMeBuyIt」の再生回数は40億回を超えています。[2]ここでは、TikTokが強力なマーケティングプラットフォームである4つの主な理由を紹介します。

1. 動画に特化している。

一般的に、動画コンテンツは、静止画よりもエンゲージメントが高くなる傾向があります。人々は、静止画像で見たことよりも、動画で見たことの方が記憶に残る可能性が高いのです。強力な静止画像で成り立っていたInstagramでさえ、動画コンテンツを含む投稿は静止画像よりも38%も高いエンゲージメント率を示しています。[3]

TikTokは、短い形式の動画コンテンツのみに焦点を当てるという決断をしたことで、Instagram、Facebook、YouTube(ユーチューブ)といった競合他社との差別化を図っています。

2. 広告が他のコンテンツに自然に溶け込んでいる。

TikTokをしばらく使っていると、面白いことに気づきます。TikTokの広告は、洗練されたプロフェッショナルな印象ではなく、フィードをスクロールした時に他のコンテンツに溶け込んで表示されます。広告はスマートフォンで撮影・編集され、カジュアルなナレーションや公開GIF、画像、音楽などが使用されています。

コツは、広告をUGCに見せることです。UGCとは、User Generated Content(ユーザー・ジェネレ―テッド・コンテンツ)の略で、ユーザー(ブランドアカウントではない)が作成したコンテンツのことです。誰かが気に入った商品を見つけて、それを紹介するために動画を作ると、それはUGCということになります。

企業によっては、UGCに似せた広告を作るとプロらしくないと懸念するかもしれませんが、これが狙いなのです。「Don’t make ads, make TikToks.(広告を作るな、TikToksを作れ。)」これは、ブランドがビジネスアカウントを開設する際に、TikTok自身が発するアドバイスです。TikTokは、本物感、ライブ感があるプラットフォームです。あまりにもよくできた動画は、明らかに広告であることがわかるため、TikTokのオーディエンスには受け入れられません。[4]

3. TikTokでは、ダウンロードされた動画の最後に、自動的にウォーターマークとアカウント名が追加される。

おそらく、TikTokが行っている、最も些細かつ効果的なことは、ダウンロードされた動画にウォーターマークを追加することです。それに加えて、動画の最後に作者のアカウント名を明確に表示するページが追加されます。

これにより、他のユーザーがコンテンツを盗むことはほぼ不可能になります。さらに、興味を持った潜在顧客がその動画に興味を持った場合、アカウントページやウェブサイトを見つけやすくなります。

InstagramやFacebook、Pinterest(ピンタレスト)などのプラットフォームでは、静止画に企業のロゴが入っていることがよくありますが、これはデザイナーや写真編集の経験がある人が行う必要があります。しかし、TikTokでは、その作業が自動的に行われるため、時間とコストを削減できるのです。

4. TikTokユーザーはモノを買いたいと思っている。

TikTokのユーザーの大半は、13〜25歳のZ世代と呼ばれる人々です。Z世代は他の世代と異なり、ブランドへの忠誠心よりも、新しいトレンド商品を発見することを重視しています。また、TikTokを利用している人は、利用中に幸せを感じていることがわかっています。TikTokを利用したことのある調査対象者のうち、71%の人が予定外の買い物をしたと回答しています。また、調査対象となったユーザーの57%が、TikTokの「楽しい自発性」のおかげで衝動買いをしたと報告しています。[5]

TikTokで何かが話題になると、すぐに売り切れてしまうというケースが複数ありました。CeraVe(セラヴィ)のようなスキンケア製品、レギンス、そして猫じゃらしまで、あらゆるものがTikTokで流行し、経済的な成功を収めています。[6]自社の商品を、たった1つのバイラル動画で、マストアイテムにさせることができるのです。

TikTokを切り捨てる?

TikTokは最近登場したソーシャルメディアなので、若者向けのアプリのように感じられるかもしれませんが、現在企業が利用できる最も効果的なソーシャルメディア・マーケティングのプラットフォームの1つとなっています。ターゲット層がZ世代よりも上の世代であっても、動画コンテンツはすべての世代に人気があるということを心に留めておく必要がありますし、動画コンテンツを使う、広告を本物らしく見せる、ウォーターマークを入れるなど、TikTokの特長を取り入れることで、キャンペーンに大きな違いが生まれます。

より多くのプラットフォームがTikTokの成功を模倣しようとする中、このプラットフォームがどのようにして、そしてなぜこれほどまでに人気を博しているのかを理解することは、今後のビジネスの成功に欠かせないでしょう。


参照元:

[1] https://www.economist.com/graphic-detail/2021/10/07/tiktoks-rapid-growth-shows-the-potency-of-video

[2] https://www.tiktokforbusinesseurope.com/news/tiktokmademebuyit-the-power-of-community-reviews

[3] https://brid.tv/video-vs-image-ads-why-videos-perform-better-than-images/#2-video-or-image-ads-which-perform-better

[4] https://www.forbes.com/sites/forbesagencycouncil/2021/10/11/why-brands-must-focus-on-tiktok-now-and-how/

[5] https://www.tiktokforbusinesseurope.com/news/tiktokmademebuyit-the-power-of-community-reviews

[6] https://www.newsweek.com/20-products-sold-out-because-tiktok-popularity-1581946

前の記事
世界で最も人気のあるショッピングアプリ「SHEIN」(シーイン)。TikTokを使い、アメリカでの人気急上昇!

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 世界で最も人気のあるショッピングアプリ「SHEIN」(シーイン)。TikTokを使い、アメリカでの人気急上昇!

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 夏から秋にかけてのスキンケアルーティンを見直す方法5つ

夏から秋にかけてのスキンケアルーティンを見直す方法5つ

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
小売りマーケティングのトレンド:デジタル広告からの脱却を目指す広告主。
New
日本のスキンケアレビュー:La Vie Précieuseは大きなゲームチェンジャーだ
New
これからホリデーキャンペーンを始めるマーケティング担当者は要チェック!ピンタレストが提供するホリデーマーケティング情報。