Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.04.07

【デジタルマーケティング】ブレイブ・ブラウザ、この強力なマーケティングツールを活用する方法。

Brave(ブレイブ)は、ブレイブ・ソフトウェア社が開発したブラウザで、ブラウジング時のプライバシーを優先し、ユーザー自身が表示される広告によってお金を稼ぐことができます。ユーザーは、ブレイブが開発した暗号通貨であるBasic Attention Tokens(BAT)で報酬を受け取り、ブラウザ内でコンテンツ制作者やウェブサイト、企業への「チップ」として使用することができます。また、ブレイブ公認パブリッシャーに登録するだけで、すでに寄付されたチップを集めたり、新たなチップを集めたりすることができます。

みなさんはこの記事を読むのにどのブラウザを使っているでしょうか。また、仕事で必ず使うブラウザはあるでしょうか?

普段はあまり気にしていないかもしれませんが、世の中にはさまざまなユーザーのニーズに対応したブラウザが存在します。マイクロソフトエッジ、クローム、サファリなど、ほとんどのパソコンにあらかじめインストールされているブラウザのほか、ダウンロードしてインストールする独立したブラウザもあり、より複雑なニーズに対応しています。その中でも、最近注目を集めているブラウザの一つがブレイブ・ブラウザです。ブレイブ・ブラウザは、一般的なインターネットブラウザとは異なる、いくつかのポイントがあります。

画像:ブレイブ・ブラウザで新しいタブを開くと、最近訪問したWebサイト、バックグラウンドの広告、セッション中にブロックされた広告・トラッカーの数、節約された時間、節約された帯域幅、ユーザーのBATウォレットの現在の状態などが表示される画面が表示される。

ブレイブ・ブラウザとは?

2019年末に発表されたブレイブは、ブレイブ・ソフトウェア社が開発した無料のオープンソースウェブ・ブラウザで、ウェブブラウザ「Chromium(クロミウム)」をベースに作られています。ブレイブが一般的なウェブブラウザと異なるのは、広告ブロック技術が組み込まれていることです。ブレイブは、ユーザーのデータをユーザーが知らないうちに販売したり、ユーザーのウェブ活動を追跡したりせず、ユーザーのプライバシー保護に重点を置いています。事実上、ほとんどの広告とそれに付随する追跡機能をブロックすることができるのです。

ブレイブはプライバシーを重視したブラウザであると謳っており、ユーザーが目にする広告に関してユーザーに権限を与えています。また、最も重要な点は、ユーザーデータに対してユーザーに報酬を支払っていることです。

ユーザーがブレイブ・ブラウザからの広告を目にすると、ソーシャルメディアや電子メールからのアラートと同じように、通知として表示されます。ユーザーは、その通知をクリックして広告の詳細を確認したり、そのまま閉じたりすることができます。広告は、ユーザーのインターネット利用状況や、特定のサイトでの滞在時間に基づいて表示され、広告収入の70%がユーザーに、30%がブレイブに入ります。支払いは、Basic Action Tokens(BAT)という、ブレイブ・ブラウザ独自の暗号通貨の形で行われ1、BATはバーチャル・ウォレットで米ドルに換金することができます。

ブレイブ・ブラウザのユニークな機能「BAT」を使ったチップシステム

暗号通貨について理解していない人でも、ブレイブ・ブラウザの最も重要な機能の1つである「チップシステム」の素晴らしさがわかると思います。

広告で得たBATや個人的にウォレットに追加した資金で、ツイッターやユーチューブ、ツイッチ(アマゾンが提供するライブストリーミング配信プラットフォーム)などのインターネット上のコンテンツクリエーターに実際にチップを渡すことができます。多くのクリエイターは、Patreon(パトレオン)やKo-fi(コーヒー)、あるいはOnlyFans(オンリーファンズ)などのサービスを利用して、ファンからの支援を収入として受け取っています。

チップは、「チップ」ボタンを押すだけで簡単に支払うことができます。ツイッターでは、通常の「返信」「リツイート」「いいね」「シェア」などのボタンと一緒に、オプションとして表示されます。

画像:デスクトップのブレイブ・ブラウザで表示されるブレイブ・ソフトウェアのツイッターアカウントからのツイート。右下には「チップ」というオプションが用意されています。

ビジネスのためのブレイブ・ブラウザ?

こうしたチップ機能は、おそらくビジネスにとって重要な機能であり、ブレイブ・ブラウザと提携すべき大きな理由でもあります。ウェブページのドメインやYouTubeチャンネルのオーナーとしてブレイブ・ブラウザに登録していなくても、ブレイブは特定のサイトに寄付されたBATを収集し、登録時にそれを提供します2

また、ユーザーからヒントを得られるのは、個人のコンテンツ制作者だけではありません。ブランドや企業は、ブレイブ・ブラウザを使って「ブレイブ公認パブリッシャー」になることができます。このステータスになると、ユーザーはウェブページのバーの最後にある、ソーシャル投稿に見られるのと同じ三角形のシンボルをクリックすることで、企業にチップを送ることができます。

例えば、ブレイブ・ブラウザのデスクトップに表示されたWikipediaのホームページを見てみましょう。

右上に小さな緑の四角形があるのがわかるでしょうか。これは、ウィキペディアのサイトに対する寄付の選択ボタンです。ウィキペディアは無料のサイトでありながら、無料であることを維持するために定期的に寄付をお願いしているため、ユーザーにとってこのような簡単な寄付の選択肢があることは重要になってきます。

まとめ

寄付に頼らないウェブサイトでも、ブレイブ公認パブリッシャーになる動機は十分にあります。申請したクリエイター、企業、ウェブサイトを合わせると、現在35万以上のブレイブ公認パブリッシャーが認められており、その数は今も増え続けています3

ユーザーにブランドや企業へのチップを許可し、奨励することは、ユーザーが直接商品を購入することなく、その企業の製品や作品を支援することができる素晴らしい方法です。例えば、ハチミツを販売している会社を想像してみてください。ハチミツだけでなく、ハチミツを使った美容製品にもビジネスを展開したいと考えた場合、BATでユーザーから寄付を募り、それを研究資金に充てることができます。ハチミツは苦手だけど、ハチミツを使った美容法には興味があるというユーザーでも、その活動を応援することができます。

また、同じハチミツ会社の例で言えば、ミツバチのための新しい巣箱を作るための寄付キャンペーンを始めることもできます。巣箱が大きければ、それだけハチミツの量も増え、ミツバチも快適に過ごせます。より良い製品を作り、ミツバチへの優しさを示したいと考える支援者は、こうしたプロジェクトに直接貢献することもできます。

このようにブレイブは、ビジネスのための追加資金を集めるのに最適な方法であるだけでなく、支援者が資金提供を望む新しいプロジェクトに簡単に参加できる、素晴らしい方法でもあります。このようなキャンペーンで寄付金を追跡し、プロジェクトへの関心を高めることは、オーディエンスとそのニーズをこれまで以上に深く知るための素晴らしい方法だと言えるのではないでしょうか。

 

参照元:

[1] https://brave.com/brave-rewards/#:~:text=Brave%20Rewards%20is%20built%20on,%2C%20content%20creators%2C%20and%20advertisers.&text=Once%20a%20month%2C%20Brave%20Rewards,the%20sites%20you’ve%20visited.

[2] https://creators.brave.com/

[3] https://cryptoslate.com/there-are-now-more-than-350000-verified-publishers-on-brave/#:~:text=Major%20publications%20sh%20as%20The,%2C%20Internet%20Archive%2C%20and%20DuckDuckGo.

前の記事
【美容トレンド】セフォラが実績ゼロの美容ブランドを採用した理由。

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 【美容トレンド】セフォラが実績ゼロの美容ブランドを採用した理由。

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 【J-Beautyブログ】アメリカのスキンケアのこれまでとこれから。

【J-Beautyブログ】アメリカのスキンケアのこれまでとこれから。
アメリカからマーケターが来日し、不定期で勉強会を開催しています。ご興味がある方は、お問合せフォームよりご連絡ください。 | お問い合わせはこちら! アメリカからマーケターが来日し、不定期で勉強会を開催しています。ご興味がある方は、お問合せフォームよりご連絡ください。 | お問い合わせはこちら!

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
【フィットネストレンド】新しいフィットネス市場動向。VRはフィットネスの次のトレンドになるか?
New
【カルチャー理解】床で寝てはいけない!?アメリカ人がよく使う「Futon(フトン)」は、日本の布団とは似ても似つかないものだった。
New
【SNSマーケティング】インスタマーケティングのきほん:「ストーリーズ」の効果的な活用方法ベスト3!