Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.09.29

アメリカ国内外のサプライチェーンの混乱とホリデー商戦への影響。

デルタ株への感染が急増しているにもかかわらず、多くのアメリカ人は、生活が正常化してきていると信じています。しかし、今年のホリデーシーズンは、世界中のサプライチェーンがパンデミックの影響から回復しようとしているため、トラブルの発生が予想されます。アメリカ企業は、国際及び国内のサプライチェーンのあらゆる面で深刻な問題を抱えており、今年のホリデーシーズン向けの広告についての方針を変える広告主も出てきています。

秋が始まったばかりであるにもかかわらず、アメリカの多くの店舗では、何週間も前からハロウィーンの飾り付けが行われています。みんなホリデーシーズンを始めたくてうずうずしていますが、実は、多くのアメリカ人が予想していない問題があります。新型コロナウィルスによる国際配送の遅延のため、ホリデーシーズンに伴う恒例のショッピングに問題が発生する可能性があるのです。

新型コロナウィルスによる国際、国内輸送の遅れが問題に 

世界中の輸送用コンテナが値上がりしていることに加え、パンデミックの最盛期に比べてコンテナの移動量が減っています。その背景には、世界的にEコマースが普及したことによる需要の高まりがあります。南米やアフリカなどにマスクを迅速に送るために使われていた輸送用コンテナは、船が回収しに来ないため、港で空っぽになっています。一方で、海運会社は、欧米とアジアを結ぶ航路に集中しています。コンテナの流通量が減ると、輸送におけるスペースが限られ、スペースが限られてくると、配送料が高くなり、配送にも時間がかかってきます。[1]

米国では、サプライチェーンを動かす労働力が不足しています。物流をタイムリーに行うための労働者の多くは、低所得の市民や移民でした。この2つのコミュニティは、パンデミックの被害を直接的に受けています。彼らの仕事はほとんどがエッセンシャルワークとされており、新型コロナウィルスに感染して死亡する可能性が高かったのです。食肉工場もパンデミックで大きな打撃を受け、新型コロナウィルスの新規症例が非常に多く発生したため、州全体の感染データに影響を与えたほどでした。これらの事実に加え、トラックで商品を輸送している多くの人々が、ワクチンに関する誤った情報を信じており、マスクやワクチンの義務化を守ろうとしないことから、国内のサプライチェーンは問題を抱えています。[2]

アメリカ以外の国も、輸送船の需要が高く、スペースが限られていることから、新型コロナウィルス関連の問題に悩まされています。かつては安価で手軽な輸送手段であった輸送用コンテナや船舶ですが、需要の増加に伴い価格が高騰しています。以前は数千ドルで済んだ船での輸送が、今では1万3,000ドルから2万3,000ドルもかかるようになってしまったのです。このような高額な費用を払える企業はまだ船で商品を調達できていますが、中小企業は苦戦しています。

中には、自社で船を購入して商品を輸送する企業もあります。ターゲット社は現在、商品を輸送するための独自のコンテナ船を所有しており、ウォルマート社も同様に輸送船を確保しています。[3]

サプライチェーンの混乱がホリデーシーズンのショッピングに与える影響とは?

今回のサプライチェーンの混乱が、2021年の米国でのホリデーシーズンのショッピングに大きな影響を与えることが予測されています。

1つ目の大きな影響は、おもちゃ不足の可能性です。マイアミ大学のヘンリー・ジン准教授によると、アジアから米国へのおもちゃの輸送は、今後数カ月間に需要が高まるにつれて困難が生じると予測されています。商品量に関しては、現状すでにサプライチェーンに問題を引き起こしており、ホリデーショッピングが始まれば、従来のようにタイムリーに商品を配送することは難しくなるでしょう。[4]

2つめの大きな影響は、注文を抑制するために、このホリデーシーズンに支出を減らす広告主が出てきていることです。Basic Fun(ベーシックファン:アメリカの玩具メーカー)は、新製品のマーケティングキャンペーンに起用するインフルエンサーの数を減らしています。サプライチェーンが寸断され、需要を満たせるだけの製品が供給されなくなった場合、製品を買おうとする消費者を増やし過ぎないためです。広告予算を削減して、その分を送料の増加に充てている企業さえあります。[5]

3つ目の大きな影響は、すでに起きていますが、商品価格の上昇です。ホリデーシーズンには、価格の高騰がより顕著になると思われます。パンデミックの影響で、米国がロックダウン措置を取る直前の2020年2月と比較して、すべての商品の価格が平均4.7%上昇したことがすでに報告されています。[6]配送料の値上げにより、価格が高騰した商品が増えているのです。特に肉類などの食品は、前述のように国内のサプライチェーンに問題があり、適切な労働力を確保しないことには簡単には解決しません。サンクスギビングのように、大量の食料品と肉が欠かせない祝日は、すでに心配の種となっています。一部の食料品店では、サンクスギビング用の食料品を事前注文制にしているところもあります。[7]

2021年、米国のホリデーシーズンは、困難が予測される

ホリデーシーズンに間に合うようにこれらの問題を解決するには、もう打つ手はないかもしれません。2020年とは理由は異なるものの、多くのアメリカ人は、昨年同様「通常の」ホリデーシーズンを過ごすのに苦労するでしょう。

しかし、アメリカ国内に豊富な商品を持つ企業やブランドにとっては、新たな顧客を獲得するための好機でもあります。お気に入りのブランドが見つからなければ、代わりになるものを探すようになるため、もし自社がサプライチェーンの混乱に悩まされていないのであれば、新しい製品を求める新規顧客を獲得する良い機会になるかもしれません。

 


参照元:

[1] https://www.forbes.com/sites/garthfriesen/2021/09/03/no-end-in-sight-for-the-covid-led-global-supply-chain-disruption/

[2] https://www.theatlantic.com/technology/archive/2021/09/pandemic-supply-chain-nightmare-slow-shipping/620147/

[3] https://www.wxyz.com/news/supply-chain-issues-leading-to-shipping-delays-massive-increase-in-costs-ahead-of-holidays

[4] https://local12.com/news/local/start-your-shopping-now-supply-chain-issues-could-cause-shortages-during-holiday-season-cincinnati

[5] https://adage.com/article/marketing-news-strategy/supply-chain-issues-threaten-ad-spending-comeback/2366671

[6] https://www.bls.gov/opub/ted/2021/consumer-prices-up-4-7-percent-since-february-2020.htm

[7] https://kstp.com/business/persisting-supply-chain-issues-could-complicate-thanksgiving-grocery-shopping/6244980/

前の記事
2022年のウェブデザイン・トレンド予測(前編)。

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 2022年のウェブデザイン・トレンド予測(前編)。

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 アメリカのJ-Beautyブログから。日本流「すっぴん風メイク」の方法とは?

アメリカのJ-Beautyブログから。日本流「すっぴん風メイク」の方法とは?

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
夏から秋にかけてのスキンケアルーティンを見直す方法5つ
New
TikTok(ティックトック)が、強力なマーケティング・プラットフォームである4つの理由。
New
世界で最も人気のあるショッピングアプリ「SHEIN」(シーイン)。TikTokを使い、アメリカでの人気急上昇!