Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.09.27

アメリカのレストラン業界とデルタ株。新型コロナウィルスがビジネスに与える影響

新型コロナウィルスのデルタ株の波は、アメリカのレストラン業界にも影響を与えています。最近の調査では、レストランの利用者にワクチン接種を義務づけることが、レストランの利用に影響することが示されました。デルタ株の広がりが深刻化しているため、マクドナルドのような一部のレストランは、屋内での食事の安全対策を再考しています。

9月中旬現在、アメリカは新たなパンデミックの波に飲み込まれています。現在、最も感染が多いのがデルタ型です。2021年の夏以降、アメリカ全土で新型コロナウィルスの感染者が急増しています。[1]

ワクチン接種やマスクの義務化は、公衆衛生上の問題であると同時に、政治的な問題にもなっています。そして、再び人々の食に関する消費行動と、レストラン業界に影響を与えています。

新型コロナウィルスは終わったと思っていたレストラン業界。しかし、それは始まりに過ぎなかった。

2021年の春、多くの飲食店や一般の人々は、パンデミックはほぼ終わったと考えていました。一般の人々も次第にワクチンを接種できるようになり、外に出て人と会うことへの恐怖感も薄れていきました。 カリフォルニア州は、2021年6月15日に、レストランからディズニーランドにいたるまでオープンすることを大々的に発表しました。[2]しかし、この大規模な再開のわずか1週間後には、科学者たちはすでに、デルタ型が夏に再びパンデミックの波を引き起こすのではないかという懸念を発表していました。[3]

パンデミックがレストラン業界の収益に与えた影響とは?

デルタ型のパンデミックにもかかわらず、レストラン業界の売上は伸びています。全体的には、2021年7月に比べて8月は約2.1%の減少に止まりました。この数字は、パンデミック前の水準である2019年の売上高と比較すると、6.1%高い数字となっています。

レストラン業界はまだ大きな利益損失を被っていませんが、人材不足に悩まされており、8月だけで41,000人以上の雇用を失っています。これがデルタ株の拡大によるものなのか、それとも他の要因によるものなのかは今のところ不明です。[4] 現在、雇用満足度は政治的な課題としてよく取り上げられています。多くの人々が仕事を辞めて戻って来ない状態のなか、パンデミックが仕事を辞めるきっかけにもなっています。

2021年の春、大量の労働者が流出した際、最初に仕事を辞めたのはレストランの従業員でした。[5]

パンデミックがもたらしたアメリカ人の食生活の変化 

全米レストラン協会が行った調査によると、パンデミック後、ワクチンが容易に入手できるようになった後も、一般的なアメリカ人の食生活は変化しているとのことです。この調査は、デルタ株の感染者が全米で増加していた2021年8月中旬に行われたもので、成人の最大37%が、外食をする代わりにテイクアウトを注文すると報告しています。また、19%の人が、外食するときは店内ではなく外の席に座りたいと回答しました。

また、この調査では、外食の条件として予防接種を義務化することへの支持が、不支持とほぼ拮抗しました。32%の成人は、レストランで予防接種の証明書が必要になった場合、外食する可能性が低くなると回答しました。一方、同じ調査で33%の成人は、予防接種を義務付けることで外食する可能性が高まると回答しました。最後に、35%の回答者は、レストランに出かけるかどうかの判断に影響しないと答えました。[6]

また、同調査では、19%の成人がここ数週間でレストランに行かなくなり、9%の成人がレストランに行く予定をキャンセルしたことがわかりました。全米レストラン協会は、連邦政府への支援要請の中で、「レストラン業界では利益確保のために毎晩席を満席にする必要があるため、これは危険な傾向である」と述べています。[7]

インフルエンザの季節到来と新たな変異株の脅威により利益は減少する?

大きな影響を与える要因がたくさん存在するため、レストラン業界が2020年半ばのような苦境を強いられるか否かを予測するのは困難だと言えます。

例えば、夏の間は屋外で食事をしたいという欲求は簡単に満たされますが、多くの州で秋から冬にかけて寒い時期に入ると、屋外に座ることの不快感から人々が外食を躊躇するようになるため、オンサイトでの食事客が減少する可能性があります。

また、地域やそこに住んでいる人のタイプによっても異なるでしょう。新型コロナウィルス、マスク、予防接種については、アメリカのどの地域を訪れるかによって意見が大きく異なります。50州のうち46州が新型コロナウィルスの感染リスクが「最も高い」に分類されていますが(人口10万人あたり25人以上の感染者がいる)、[8]すべての州が新型コロナウィルスの感染を心配しているわけではありません。

残念なことに、新型コロナウィルスとその予防接種は、アメリカではホットな政治問題となっています。共和党系の市民の多くは、誤った情報のためにワクチン接種を躊躇しており、少数派の市民はいまだにウイルスに関する根拠のない陰謀論を信じています。一般的には、アメリカ人の5人に1人(または20%)が新型コロナウィルスについての誤った情報を信じていると言われています。[9]

一部のレストランでは、自分たちの手で安全対策を行っているようです。マクドナルドは、感染者数自体は減少しているにもかかわらず、デルタ型による死亡者数が増加していることから、顧客の屋内での食事の安全性について再検討しています。特に被害を受けた地域のマクドナルドでは、顔を覆うことを義務づけています。[10]

 


参照元:

[1] https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/covid-data/covidview/index.html

[2] https://ktla.com/news/california/newsom-set-to-make-major-announcement-at-covid-19-news-conference/

[3] https://www.nature.com/articles/d41586-021-01696-3

[4] https://www.restaurantbusinessonline.com/financing/restaurant-sales-were-flat-august-even-coronavirus-surged

[5] https://www.npr.org/2021/06/24/1007914455/as-the-pandemic-recedes-millions-of-workers-are-saying-i-quit

[6] https://restaurant.org/downloads/pdfs/business/consumer-sentiment-mask-vaccine-requirements

[7] https://restaurant.org/downloads/pdfs/business/delta-customer-survey-letter

[8] https://www.npr.org/sections/health-shots/2020/09/01/816707182/map-tracking-the-spread-of-the-coronavirus-in-the-u-s

[9] https://lighthouse.mq.edu.au/article/may-2021/One-in-five-people-believe-fake-news-about-COVID-19-new-study

[10] https://www.goodmorningamerica.com/food/story/mcdonalds-reconsiders-safety-indoor-dining-amid-delta-variant-79743567

前の記事
アメリカのインターンシップと日本人留学生について思うこと。

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 アメリカのインターンシップと日本人留学生について思うこと。

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 2022年のウェブデザイン・トレンド予測(前編)。

2022年のウェブデザイン・トレンド予測(前編)。

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
小売りマーケティングのトレンド:デジタル広告からの脱却を目指す広告主。
New
日本のスキンケアレビュー:La Vie Précieuseは大きなゲームチェンジャーだ
New
これからホリデーキャンペーンを始めるマーケティング担当者は要チェック!ピンタレストが提供するホリデーマーケティング情報。