Ys Blog

社長の「のぶログ」 2019.05.28

ホウレンソウで、がんじがらめに縛ってはいけない。

ワイズアンドパートナーズには、どのオフィスにも席をおかない、放し飼いのメンバーがいる。
最近流行りのリモートワークやクラウドワークということではない。シェアオフィスに席は借りあげているものの、完全に放し飼いなのだ。
セールス担当であれば、その上がりが評価のすべてだから、特に定位置にこだわる必要はないだろう。
日々、狩に出かけ、獲物に出会い、いくつ獲得できたか否か。
新規開拓の仕事は、かくもシンプルなのだ。
日本流に「ホウレンソウ」にこだわり、「ホウレンソウ」でがんじがらめに縛ってはいけない。
新規開拓担当のRSくん、今日もどこで油を売っているのか知らないが、少なくとも無駄話くらいできるようになってくれたら、わたしも嬉しい。
あろ時、お客さんと無駄話くらいしたら、と彼に言ったことを覚えている。
そうして本当に無駄話をするのは愚かなセールス、一見、無駄な話に聞こえて落とし所をわきまえているのは有能なセールスだ。
落とし所はなにも、直接セールスに結びつく必要はない。
そういう意味で、コンサルティングから入るセールスは、歩くネイティブ広告のようなものではないか。
流行りのマーケティングワードを並べる、リスティング広告みたいな人になってほしいわけではないのだ。
彼への教育を通して、自社のポジショニングとストーリーテリングの大切さを身にしみて感じている。
ワイズアンドパートナーズ代表 結城喜宣
 


 
「日本のブランドを世界で有名にする」という使命を共に担えるメンバーを募集中!
Ys and Partners(本社カリフォルニア州アーバイン市)では、2002年から「日本のブランドを世界で有名にする」を使命に、これまで50社以上の大手日系企業に、マーケティング領域のなかでも、海外向けの製品開発、販路開拓、PRやプロモーションのご支援をしてきました。日本オフィス(東京と横浜)では、海外進出支援をはじめ海外からのインバウンド観光客集客のサポートもしています。
採用のページはこちらから→ https://ysandpartners.com/jp/career/
 


前の記事
日米間に存在する、労働ビザの不均衡とは?

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 日米間に存在する、労働ビザの不均衡とは?

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 仕事が「自分事」になっているか?

仕事が「自分事」になっているか?
アメリカからマーケターが来日し、不定期で勉強会を開催しています。ご興味がある方は、お問合せフォームよりご連絡ください。 | お問い合わせはこちら! アメリカからマーケターが来日し、不定期で勉強会を開催しています。ご興味がある方は、お問合せフォームよりご連絡ください。 | お問い合わせはこちら!

“社長の「のぶログ」”
最新の記事

【小売トレンド】アメリカの高級スーパー、ゲルソンズがドンキに買収された?
2021年正月三が日、アメリカの自宅で日本の伝統色と伝統食を楽しむ
新年のご挨拶