Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.09.22

フェイスブック社が発表したアメリカの2021年第二四半期トレンド。コロナ後にアメリカ人がしたいことはなに?

新型コロナウイルスの流行から18ヶ月以上が経ちました。アメリカでは全ての州がリオープンし、州や地域によって差はあるものの、国民が普通の生活に戻りつつあります。今月、ファイスブック社は20214月から6月の間でフェイスブックとインスタグラムでとくに話題になったトピックを発表しました。4月から6月といえば、新型コロナウイルスのワクチンが普及しはじめ、国のリオープンを計画していた時期ですが、アメリカ人の間ではどんなことが話題にあがっていたのでしょうか?

トレンド①:結婚式

フェイスブック社が発表したデータによると、4月から6月にかけて、フェイスブック上で「結婚式」を含め、「Bride(花嫁)」、「フォトグラファー」、「ダンスミュージック」など、結婚式を連想させるキーワードのメンションが、昨年の同じ時期に比べ、約1.6倍増加し、前月比でも1.2倍となっていることがわかりました[i]。

これは、パンデミックでやむを得ず結婚式を延期したカップルが、国のリオープンをきっかけにその計画を再開したためだと考えられます。また、パンデミック後に初めて家族や友人が集まり、思い出をつくる場として、結婚式を計画するカップルも少なくありません。

(Facebookから:2020年6月から2021年6月にかけての結婚式に関連するキーワードのメンション数)

トレンド②:ポップアップストア

ポップアップストアに関連するキーワードも、今年の4月から6月の間で多くメンションされています。ポップアップストアとは、商業施設内によく見られる、短くて1日から、長くて数か月の期間限定で営業する店舗のことです。高額な費用をかけずに、新しいブランドや商品に対する消費者の反応を見る「テストマーケティング」として使われることが多いですが、アメリカで商業施設がリオープンしたことで、コロナ禍で利益を得たEコマースブランドが、ターゲットのリーチを広げるためにポップアップストアを開く事例が増えているのです。

 

消費者にとって、オフラインでのショッピング体験を再開できるようになったいま、ポップアップストアは今まで知らなかったブランドや商品と出会える場です。フェイスブックのデータから、「Small Businesses(小事業)」や「ブティック」など、ポップアップストアに関連するキーワードのメンションは昨年より3.6倍増えており、いかに消費者がポップアップストアに注目しているかが分かるでしょう[ii]。

(Facebookから:2020年6月から2021年6月にかけてのポップアップストアに関連するキーワードのメンション数)

トレンド③:「Family Reunion(家族の親睦会)」

コロナ禍で、家族や友人に会うこともままならない状況が長く続いたことで、4月から6月は、リオープンに向けて家族との行事を計画しはじめるひとが増えました。そのため、インスタグラム上では、「バケーション」、「結婚式」、「ピクニック」などのメンションが前年比で3倍、前月比では1.7倍増加し、多くのひとが家族や友人と集まる機会を心待ちにしていたことが伝わります[iii]。

(Facebookから:2020年6月から2021年6月にかけての親睦会に関連するキーワードのメンション数)

その他にも、「車レンタル」、「ホテル」、「飛行機」、「リゾート」などのメンションもだんだんと増えており、コロナ禍ではできなかった旅行に対する興味と関心が戻ってきていることがフェイスブック社のデータからも現れています。

まとめ

ソーシャルメディアは国民の行動やトレンドを理解するのに最適な場所です。今回のフェイスブック社のデータからは、パンデミック後にアメリカ人がいかに家族や友人との交流や、リアル店舗でのショッピングを求めているのかが分かり、特にリテールや旅行、イベントなどの業界にとって有益な情報でした。今回は、リオープン直前のQ2(4月から6月)のトレンドでしたが、今後発表されるQ3(7月から9月)のトレンドが益々気になるところですね。

 


参照元:

[i] https://www.facebook.com/business/news/insights/2021-q2-topics-to-watch-united-states

[ii] 上記同様

[iii] 上記同様

前の記事
コロナ禍の日本食事情:かっぱえびせんがアメリカの日系スーパーから消えた? 

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 コロナ禍の日本食事情:かっぱえびせんがアメリカの日系スーパーから消えた? 

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 Facebookの新製品、レイバンストーリーズ。スマートグラスは、ソーシャルメディアトレンドに乗れるか?

Facebookの新製品、レイバンストーリーズ。スマートグラスは、ソーシャルメディアトレンドに乗れるか?

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
小売りマーケティングのトレンド:デジタル広告からの脱却を目指す広告主。
New
日本のスキンケアレビュー:La Vie Précieuseは大きなゲームチェンジャーだ
New
これからホリデーキャンペーンを始めるマーケティング担当者は要チェック!ピンタレストが提供するホリデーマーケティング情報。