ホーム ブログトップ なぜSEO内部対策とモニタリングに重点を置くべきなのか

ブログ

米国マーケティングトレンド研究会 2024.01.05

なぜSEO内部対策とモニタリングに重点を置くべきなのか

トラフィックを増やすための施策のうち、費用対効果が最も高いものの一つはサイト内部のSEOを最適化することです。
ウェブサイトの全体的な改修や特定の要素の再設計を行う代わりに、既にあるものを、検索エンジンで上位ランキングされる可能性の高いキーワードやフレーズに修正することを考えてみてください。ウェブサイトのコピーを見直して、より効果的なキーワードを含めたり、ウェブページのタイトルを頻繁に使用される検索クエリに合うように書き直すことは、検索結果におけるウェブサイトのパフォーマンスを向上させるための簡単な方法です。ユーザーの質問への回答としてあなたのサイトが頻繁に表示されるほど、クリック数が増え、ビジネスを獲得する機会が増える可能性が高くなります。


サイト内部のSEOとは?

サイト内部のSEOとは、ウェブサイトの内部に対して行うSEO施策です。その一部にテキスト、タイトル、タグといった要素に対して行う施策があります。テキスト、タイトル、タグがユーザーの検索クエリに合っているかどうか、ということは、検索エンジンがランキングを決めてウェブサイトをユーザーに表示するかどうかを決定する判断要素の一部です。

※このブログの内容以外には、サイト内部のSEOには、xmlサイトマップなどのテクニカルな施策も含まれます。

ウェブサイトはインデックス化され、アルゴリズムによってユーザーの要求にどれだけ適合しているかが判断されます。検索エンジンにウェブサイトが最もユーザーに有益であると評価されるために、SEO内部対策として検索ボリュームの大きいキーワード、ニッチなキーワード、またはフレーズを書き直したり追加します。これらの重要なキーワードは、ページタイトル、記事の小見出し、URL、h1タグなどのメタタグなどに追加します。複数の検索結果に表示されるためには、このプロセスが重要です。[1]

Googleなどの検索エンジンが、ウェブサイトのランキングを決め、あなたのウェブサイトを潜在顧客に表示するかどうかを決める、その決定はアルゴリズムによって行われます。アルゴリズムは、常に更新され、新しい要素が取り入れたり、優先順位が変わるため、常に専門家がウェブサイトのSEOを評価し、対策を行う必要があるのです。[2]

なぜサイト内部のSEOが重要なのか?

サイト内部のSEOは、ウェブサイトトラフィックの鍵と考えてください。他にもトラフィックの要素(ソーシャルメディア投稿、インフルエンサー施策など)はありますが、サイト内部のSEOは潜在顧客が自然にあなたを見つける方法です。ユーザーは広告以外の方法で知ったブランドに対して信頼を持ちやすいため、マーケティング戦略の中でオーガニックな流入獲得は重要です。ユーザーはオリジナルなコンテンツを提供する企業を好み、質問に答えてくれるブランドには好印象を抱きます。このオリジナルなコンテンツに対してSEO対策を行うことが重要です。

では、数千のページビューを継続的にもたらすようなキーワードやフレーズを見つけたら、それらをサイト内部のSEOに使用すれば対策は完全でしょうか?

残念なことに、サイト内部のSEOが成功していたからといって、それがいつまでも継続してトラフィックを集め続けるわけではありません。Googleのアルゴリズムは年に何百回も更新されますが、通常は小さなアップデートで気がつきにくい変更が行われます。専門家の中には、年に500回から600回以上、または1日に複数回変更されると信じている人もいます。このアルゴリズムに大きなアップデートがあることで、ウェブサイトへのトラフィックの流れが変わることがあるわけです。これらのトラフィックの変動は常にネガティブな結果をもたらすわけではないですが、突然1日に何千回ものページビューを失わないようにするために、傾向を追い続けることが重要です。Googleのアルゴリズムのアップデートを把握することは、検索順位や表示回数、ROIなどを向上させることにつながります。

サイト内部のSEOの改善方法:どのようなキーワードを使用すべきか?

ここまでで、なぜサイト内部のSEOが重要であるかがわかりました。では、それをどのように改善すればよいのでしょうか?

まず以下の二つの戦略のうちどちらかを採用しようと考えるかもしれません。一つ目は、変化があまり起こらない思われる限られた数の検索結果に表示されるようなニッチなキーワードやフレーズに焦点を当てることです。二つ目は、一般大衆の中で人を引きつける策として、一般的な用語で更新し続けることです。

人々が使用する検索クエリで、彼らが購買サイクルのどこにいるかが分かります。たとえば、「日本産の苺」といった曖昧な検索用語を使う人は、おそらく日本産の苺に関する情報を探しているだけです。購入を検討しているかもしれませんが、購入するかどうかを決めるための情報を求めている可能性が高いです。

これに対して、「近くの日本産の苺」や「日本産の苺のレシピ」といったキーワードで検索するユーザーは、すでに日本産の苺を買う意思を持っています。

一般的に、クエリがより具体的であれば、ユーザーは購買サイクルの後半にいる可能性が高いです。サイト内部のSEOを向上させるためには、ウェブサイトがどの購買サイクルの部分に役立つのかを反映したクエリを使用してみてください。eコマースの場合、購入を迅速に行える具体的なキーワードを目指してください。情報を提供するブログサイトの場合は、広範なトピックについて具体的な質問を持つ視聴者を引きつけるようなキーワードやフレーズをより多く使用してみてください。

内部のSEOの改善成功事例:Googleのアルゴリズム更新後、Wordstreamがサイト内部のSEOを修正しトラフィックを回復

SEO改善の効果的な方法の一つは、Googleが自分のウェブサイトをどう表示しているか、ということを観察し、ユーザーが持つ問題を解決するように更新することです。Googleはランキングを一夜にして変えることがあるため、タイトルやタグなど内部のSEOの表示のされ方も変化する可能性があります。

2021年、Googleのアルゴリズムのアップデートによって、ユーザーが検索した際に表示されるタイトルの扱い方に大きな変更がありました。リスティング広告用ツールほかSEO、アルゴリズム、キーワードなどの情報も提供しているウェブサイトであるWordStreamの最も人気のあるページのウェブサイトのトラフィックが一晩で大幅に減少しました。Googleのアルゴリズムの変更により、クリック率が21%減少しました。関連するクエリを見ると、この数値は37%となっていました。

WordStreamのディレクターの一人が、アルゴリズムによって検索結果ページ(SERP)に表示されるウェブサイト情報が変更され、トラフィックの減少が起きたことに気付きました。元々、そのページのタイトルは「無料キーワードツール」と、検索結果ページに表示されていましたが、Googleのアルゴリズムのアップデートにより、このタイトルが「無料キーワードツールについて詳しく学ぶ」と変更されていました。

ご覧の通り、無料のキーワードツールを探しているユーザーは、アップデート後のタイトルよりも最初のタイトルをクリックする可能性がずっと高くなります。この違いから、トラフィックの減少が起こってしまいました。しかし、「無料キーワードツールについて詳しく学ぶ」というタイトルを調整した結果、WordStreamは以前のトラフィック水準に戻すことができました[3]。

※この成功事例では、テクニカルなど他のSEO施策はクリアしていたので、小さな変更により、トラフィック水準が戻っています。

Googleによる検索結果ページの表示変更は小さなものでしたが、アルゴリズムが一晩で更新され、ウェブサイトのトラフィックが大きく変動する可能性があることを表しています。

結論

効果的なSEO対策を行うことは、検索エンジンによる検索結果で上位に表示されるための重要です。できるだけ多くの人々の目に触れるように上位にランキングすることで、クリックや最終的にはビジネスを獲得する可能性が高まります。

ウェブサイトのトラフィックが着実に増加し続けるためには、ウェブサイトのタイトル、コンテンツ、その他の情報がGoogleのアルゴリズムを反映して最適化されていることが重要です。

 

ワイズアンドパートナーズでは、2002年から「日本のブランドを世界で有名にする」を使命に、日米双方から企業のマーケティング、ブランディングを支援しています。まずは弊社のサービスページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

参照元

  1. Organic Search vs Paid Search: The Marketer’s Handbook
  2. Why & How to Track Google Algorithm Updates
  3. Google’s Title Rewrite Dropped Our CTR by Up to 37%! (Here’s How We Fixed It)
海外進出 | 越境EC | 訪日観光 | マーケティングご担当者様の課題を解決します! サービスを見る 海外進出 | 越境EC | 訪日観光 | マーケティングご担当者様の課題を解決します! サービスを見る
前の記事
なぜJapandi(ジャパンディ)インテリアスタイルが海外で人気なのか

前の記事 米国マーケティングトレンド なぜJapandi(ジャパンディ)インテリアスタイルが海外で人気なのか

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド 【Winter Fancy Food Show 2024】Ys and Partnersが、ジャパンパビリオンのPR支援を行います!

【Winter Fancy Food Show 2024】Ys and Partnersが、ジャパンパビリオンのPR支援を行います!

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
越境ECとは?日本企業が始めるべき理由、メリット・デメリット、注意点までを解説
詳細を見る
New
日本の越境EC:お菓子のサブスクサービスを比較してみた!
詳細を見る
SNSで拡散!ユーザーのバイラルビデオへの神対応 : スタンレー社
詳細を見る

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

トップに
戻る