ホーム ブログトップ なぜ金曜日はブラックなのか?アメリカにおける感謝祭とブラックフライデーの歴史

ブログ

米国マーケティングトレンド研究会 2020.11.26

なぜ金曜日はブラックなのか?アメリカにおける感謝祭とブラックフライデーの歴史

ここ数年、日本でもブラックフライデーのセールの看板をあちこちで見かけたことがあるのではないでしょうか。ブラックフライデーとは、11月の金曜日から始まる週末のことで、その期間だけで多くの小売店がかなりの値下げを行います。しかし、ブラックフライデーとは何なのでしょうか? それはどこから来たのでしょうか? 実は、アメリカの祝日である感謝祭に関連しています。

感謝祭は、アメリカの感謝の祭典です。伝統的に、家族は週末に全国から一つの家に集まり、食事をしたり、パーティーをしたり、人生の幸せに感謝したりします。アメリカの家族が大きな七面鳥を囲んでいる映像を見たことがありますか? それが伝統的な感謝祭の夕食です。七面鳥やパンプキンパイ、クランベリーソースなど、秋の収穫を表わす食べ物を食べます。その伝統の一環として、ブラックフライデーの買い物も行われています。多くのアメリカ人にとって感謝祭は、クリスマスシーズンの公式な始まりです。感謝祭の夕食が終わると、一部の家族は、最もお得な商品を扱う有名店に直行し、ドアが開くまで一晩中外で待ち、真っ先に中に入れるように準備します。

しかし、どのようにして収穫への感謝の気持ちを祝う行事が、ショッピングへと繋がっていったのでしょうか。

 

感謝祭の歴史

サンクスギビングは、元々はアメリカ先住民と、宗教の自由を求めてイギリスから逃れてきたピルグリム(Pilgrims)との間で行われていたご馳走を囲む行事でした。しかし、1620年に現在のマサチューセッツ州ケープコッドに到着したとき、ピルグリムたちはいくつかの問題を抱えていました。第一に、ピルグリムたちは土地のことを何も知らなかったため、どのような作物が収穫できるのか、どの植物なら食べても安全なのか、家を建てるのに一番安全な場所はどこなのかさえわかりませんでした。第二に、彼らの船、メイフラワー号は冬の初めに到着したため、多くの人が行き場のないまま船内に残り、当初の乗客102人のうち半分は春が来る前に死んでしまいました。

奇跡的なことに、春が来て、ピルグリムたちが生き残った乗客を船から岸辺に移動させたとき、地元の部族の誰かが英語で挨拶をしてくれました。その人はポーチュクセット族のスクワントという人物で、彼はイギリスの船に乗っていた奴隷として英語を学び、後に脱走して故郷に帰ってきていました。スクワントは、北アメリカ大陸で生き延びるために必要な情報をすべてピルグリムに教えました。トウモロコシの植え方、木から樹液を得る方法、そして魚の釣り方などです。[1]

そして、1621年の秋、最初の「感謝祭」が開催されました。巡礼者や植民地の同盟部族のネイティブアメリカンが参加し、3日間にわたって行われました。

画像:ジャン・ルイス・ジェローム・フェリスの絵画「最初の感謝祭、1621年、巡礼者と原住民が集まって食事をする」と題された1932年の作品。

これは、私たちが今日知っている毎年恒例の伝統の始まりのように聞こえますが、この最初のお祝いの後、感謝祭は、ほぼ200年間、ほとんどのアメリカ人によって祝われていませんでした。入植者が長年ネイティブアメリカンに対して大量虐殺行為を行ってきたことを考えると、その200年間、2つの部族は平和な時を過ごしてきたわけではありませんでした。感謝祭を祝う人々の小さな派閥がありましたが、ニューヨーク州でさえ1800年代初頭に感謝祭を州の祝日にしたぐらいで、1863年に感謝祭を国民の祝日にしたのはエイブラハム・リンカーン大統領でした。これは歴史家であるサラ・ジョセプシア・ヘイルの要請によるもので、彼は30年間にわたって感謝祭とその象徴性について賞賛し、執筆してきました。

リンカーンは感謝祭を、国家を「癒す」ための手法として利用しました。1863年はアメリカ南北戦争の真っ只中で、彼は争いの時代にアメリカ人を一つにする何かを探していたのです。彼は感謝祭を毎年11月の最後の木曜日に祝うように勅令を出し、1939年までそれは続きました。最も有名な感謝祭の伝統の一つであるMacy’s(メイシーズ)の感謝祭の日のパレード(祝日の始まりを告げるためにサンタクロースで締める)は、この時期に始まりました。

Picture2

画像:サンクスギビングデーのパレードでは、いつも七面鳥の山車と巨大な風船のキャラクターが登場する。ピカチュウやハローキティ、悟空など、日本のキャラクターもパレードに参加している。

1929年から1933年まで続いた世界大恐慌は、1940年代までアメリカ経済に長期にわたって深刻な影響を与えました。1939年には、11月の最終木曜日が5週目に入っていたため、ホリデーシーズンが1週間短くなり、その結果、小売業者がホリデーシーズンの支出で利益を上げる週が1週間少なくなっていました。小売業者の中には、利益の損失が倒産の原因になるのではないかと心配して、団結してフランクリン・D・ルーズベルト大統領に手紙を出した者もいました。結局のところ、ほとんどの小売業者は毎年ホリデーシーズンに最も多くの利益を上げていました。ルーズベルト大統領は、この売上増を促進するために、感謝祭を11月の第4木曜日から第3木曜日に変更しようとしました。これはすぐに国民から反発を受け、1941年にルーズベルト大統領は感謝祭を1週間後の11月の第4木曜日に移動させました。

 

ブラックフライデーの歴史

ブラックフライデーの名前の起源を取り巻く多くの逸話があります。近年では、多くの人々は、ブラックフライデーのブラックは、小売企業が楽に利益の面で “黒字 “になるためであると信じています。しかし、実はこの言葉はフィラデルフィアの警察官に由来しています。

1950年代には、感謝祭の後の金曜日に「病欠」で休むのが一般的になりつつありました。多くの人が、陸軍と海軍の軍人の間で毎年開催されるフットボールの試合のために、感謝祭の時期にフィラデルフィアに集まり、週末までフィラデルフィアに滞在するため、金曜日には病欠の電話をして仕事を休み、休日の買い物を早めに済ませようとしたのです。フィラデルフィアのショッピング街の混乱は、特に警察官に多大な迷惑をかけました。実際、警察官が自分のために休みを取ることはほとんど不可能になったほど、警察の援助の需要が多かったのです。社内では、そんな感謝祭の翌日を「ブラックフライデー」と呼んでいました。[1]

年月が経ち、感謝祭の後の金曜日に買い物をする傾向が強まるにつれ、小売業者の間では、「ブラックフライデー」という名称をよりポジティブな意味に変えていくことにしました。ショッピングの混乱を反映したものではなく、多くの小売業者が好む前述した「ブラックフライデー」の誕生秘話を採用しました。

 

感謝祭、ブラックフライデー、そしてその新しい友人たち

最近では、感謝祭とブラックフライデーは対になっているように見られています。多くの家庭では、感謝祭のディナーを食べた後、地元のモールやアウトレットのショッピングセンターに直行して、ホリデーショッピングを始めるという伝統があります。

しかし、インターネットの出現により、ブラックフライデーに対抗する巨大なライバル、サイバーマンデーが誕生しました。ほとんどの人が感謝祭の後の月曜日に仕事に戻りますが、多くの人がこの時間にオンラインでホリデーショッピングをするのです。それは2005年に始めて造語として生まれ、それ以来ずっと使われています。[2]2019年にはサイバーマンデーのオンライン売上高は94億ドル以上になりました。[3]

そして、お金を消費するのと同様に、季節を祝うための方法が他にもあります。近年では、ギビング・チューズデー(Giving Tuesday)が人気を集めています。サイバーマンデーの翌日、クリスマスの精神「地球上の平和と人類への善意」を広めるために、慈善団体への寄付の広告を出したり、実際に寄付したりします。

スモールビジネス・サタデーという、ターゲットやウォルマートのような価格競争力の高い大手のモールで買い物をする代わりに、地元の中小企業をサポートする日も出てきました。

感謝祭は今日においても、その起源や、入植者に対して生きていく術を教えてくれたネイティブアメリカンに対し、その後、彼らに対して行われた暴力に対する反省など、さまざまな論争に直面していますが、多くのアメリカ人は人生への感謝のお祝いに焦点を当てています。ブラックフライデーは、サンクスギビングなしのアメリカを想像するのは難しいように、すでにサンクスギビングと並んでアメリカの文化に根付いています。

アメリカへの越境EC、今年はブラックフライデーのキャンペーンをはじめてみませんか?

ワイズアンドパートナーズは、20年以上に渡り、日米双方からマーケティング支援を行っています。アメリカへの越境ECについては、ブランディングからECサイト制作、SNSマーケティング、インフルエンサーPRまで、一気通貫で運用をサポートしております。まずは弊社のサービスページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

 

過去のブラックフライデー関連の記事は下記の4本。コロナ禍からの変化を知りたい方にお勧めです!

2022年、激変するアメリカのホリデーシーズン事情。コロナ禍の年末商戦に向けた、必要な準備とは

アメリカのセール時期に起きた変化。なぜ2021年のブラックフライデーは通常と違ったのか?

サプライチェーンの混乱とアメリカのホリデーショッピング。かつてないほど早期化しているのは本当か?

2020年のブラックフライデー。新型コロナウィルス渦におけるプロモーションと注意事項。

 

 

参照元

  1. [1] https://www.history.com/news/whats-the-real-history-of-black-friday
  2. [2] https://en.wikipedia.org/wiki/Cyber_Monday
  3. [3] https://www.marketwatch.com/story/4-things-to-watch-for-in-retail-in-2020-2019-12-27
  4. [4] https://www.history.com/topics/thanksgiving/history-of-thanksgiving
海外進出 | 越境EC | 訪日観光 | マーケティングご担当者様の課題を解決します! サービスを見る 海外進出 | 越境EC | 訪日観光 | マーケティングご担当者様の課題を解決します! サービスを見る
前の記事
バーチャルインフルエンサー。パワフルだが、時に危険が伴うのは想定内?

前の記事 米国マーケティングトレンド バーチャルインフルエンサー。パワフルだが、時に危険が伴うのは想定内?

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド 2020年のブラックフライデー。新型コロナウィルス渦におけるプロモーションと注意事項。

2020年のブラックフライデー。新型コロナウィルス渦におけるプロモーションと注意事項。

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
越境ECとは?日本企業が始めるべき理由、メリット・デメリット、注意点までを解説
詳細を見る
New
日本の越境EC:お菓子のサブスクサービスを比較してみた!
詳細を見る
SNSで拡散!ユーザーのバイラルビデオへの神対応 : スタンレー社
詳細を見る

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

トップに
戻る