Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.05.26

【SNSマーケティング】新型コロナワクチンをめぐるフェイクニュース。このことからブランドが学べること。

アメリカでは、新型コロナウイルスのワクチン接種がスタートし、もうすぐ半年になります。2021年5月5日の時点で32%ものアメリカ成人が2度目のワクチン接種を終えたと言われています。そんななか、ソーシャルメディア上ではワクチンに関する偽情報が増え、反ワクチン運動が起き、問題視されています1

新型コロナウイルスワクチンとソーシャルメディア。

「ワクチンはもう接種した?」、「接種したあと具合悪くなった?」など、最近では知人とのあいだでも新型コロナワクチンのことを話すことが多くなりました。フェイスブックやインスタグラムでは、「無事ワクチンを接種しました!」とワクチン接種後に貰えるカードやシールの写真を投稿するひとも見かけます。

フェイスブックやインスタグラムも新型コロナウイルス感染症情報センターを開設し、ワクチン接種を積極的に推薦しています。加えて、インフルエンサーや知人の投稿から、ワクチンのリアルタイムな情報が簡単に得られるようになりました。インスタグラムで友達のワクチン接種の投稿を見て、「みんながやっているなら私もやろうかな」と、ワクチン接種のアポをとったひともたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、新型コロナワクチンに関するソーシャルメディアの影響は残念ながら良いことばかりではありません。最近では、主に反ワクチン派からワクチンにたいする偽情報がSNS上で拡散されており、「新型コロナワクチンの接種をうけない」という選択をするひとも出てきています。

フェイクニュースがあっという間に広まってしまうソーシャルメディアの恐ろしさ。

先週、ソーシャルメディア上で出回っている65%の新型コロナワクチンのデマが、もともと僅か12人の反ワクチン派によるものだというリサーチ結果が発表されました2。このリサーチは非営利団体であるThe Center for Countering Digital Hateが出したもので、この12人のなかには「natural health」(自然な方法で健康を保つこと)を推薦するヘルス起業家や医師が含まれていました。

彼らがフェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどで発信したワクチンに対する数々の否定的な意見や情報は、ソーシャルメディア上で瞬く間に広まり、最近では「ワクチンを接種したひとに近づくと女性は副作用が出る危険がある」などといった根拠のないフェイクニュースが広まってしまっているのです。

今年4月にアメリカの大学とフェイスブック社が行った新型コロナワクチンに関するサーベイによれば、1800万のアメリカ成人のうち23%がワクチンをとる予定はないと回答しています3。理由に関して一番多かったのが「副作用が怖いから」(45%)、4番目が「ワクチンを信用していないから」(29%)、そして5番目が「政府を信用していないから」(27%)となっており、ソーシャルメディアで出回っているワクチンの誤情報による影響もあるのではないかと言われています4 

この機会に企業が考えるべきソーシャルメディアの危機管理。

フェイスブック、インスタグラム、ツイッターをはじめ、新型コロナワクチンに関するフェイクニュースの対策を強化するソーシャルメディアが増えています。フェイスブック社はすでにワクチンの偽情報を発信していた16のアカウントを永久閉鎖し、その他にも、ワクチン関連の誤った情報を掲載している投稿を削除したり、そのような投稿をシェアしているアカウントに警告をしたり、フェイクニュースが出回るのを防いでいます。それでも、新しい投稿が秒単位であげられるなかでソーシャルメディアにあがってきた全ての投稿を確認するのは残念ながら不可能と言えるでしょう。

この件で再認識させられた、ソーシャルメディアがもつ危険性。それはたった一人のアカウントから発信された偽情報やクレームが、まるでウィルスのように一瞬にして多くのひとたちに蔓延し、ブランドイメージを落としうる可能性が十分にあるということです。

そのため、SNSマーケティングをはじめるにあたり、万が一の炎上に備えた危機管理ガイドラインをしっかりと作っておくことがなによりも大事になっています。ガイドラインを作っておくことで、ソーシャルメディア上の悪質なクレームや偽情報に早急に対応することでき、ブランドイメージへの影響を最小限に抑えることができるのです。

Ys and Partnersでは、ソーシャルメディアの運用だけでなく、ソーシャルメディアの危機管理ガイドライン作成のお手伝いも行っています。ぜひこの機会にご相談ください。

 


参照元:

[i] https://www.americanprogress.org/issues/healthcare/reports/2021/05/10/499306/employers-can-accelerate-covid-19-vaccination-efforts/

[ii] https://www.npr.org/2021/05/13/996570855/disinformation-dozen-test-facebooks-twitters-ability-to-curb-vaccine-hoaxes

[iii] https://www.vox.com/recode/22330018/covid-vaccine-hesitancy-misinformation-carnegie-mellon-facebook-survey

[iv] Ibid

前の記事
【SNSマーケティング】トランプ元米国大統領の今後のSNS戦略とは?

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 【SNSマーケティング】トランプ元米国大統領の今後のSNS戦略とは?

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 欧米人の多くが、オリンピックを中止すべきだと考える理由とは?

欧米人の多くが、オリンピックを中止すべきだと考える理由とは?
アメリカからマーケターが来日し、不定期で勉強会を開催しています。ご興味がある方は、お問合せフォームよりご連絡ください。 | お問い合わせはこちら! アメリカからマーケターが来日し、不定期で勉強会を開催しています。ご興味がある方は、お問合せフォームよりご連絡ください。 | お問い合わせはこちら!

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
これから日本にもくる? ツイッター社の有料サブスクリプションサービス、ツイッターブルー。
New
J-Beautyのスキンケアにおける発酵成分とは?
New
【リテールトレンド】アフターコロナの消費者行動@実店舗はどう変わる?