ホーム ブログトップ ミセラーウォーターとは?どうやって使う?

Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.12.02

ミセラーウォーターとは?どうやって使う?

米国のThe JBeauty Collectionが英語で情報発信しているブログシリーズ。今回は、ミセラーウォーターについて紹介しています。以下、英語から日本語への翻訳文となります。

 美容インフルエンサーやモデルさんのスキンケア棚(#shelfies)をチェックすると、ミセラーウォーターを発見することがあるかもしれません。フランスの美容の定番であり、硬水である水道水が、肌へのダメージを避けるために使用されていると言われています。その後、他国の美容業界でも注目されていき、今ではミセラーウォーターは世界中で手に入れることができるようになりましたが、使用方法で混乱している人もいます。ミセラーウォーターとは、そしてどのように使うべきかを理解することにより、あなたもJ-beautyのミセラーウォーターを使ってみたいと思うかもしれませんよ!

ミセラーウォーターとは?J-beautyの洗顔とはどう異なるのか?

ひと目では、ミセラーウォーターは普通の水に見えますが、指を浸してみると、そのテクスチャーの違いに気づくでしょう。それは、微視的なクレンジングオイルの液滴のミセルが浄化された軟水に含まれていて、汚れや脂を拭き取ってくれます。水分と油分の組み合わせにより、閉じ込められた汚れや余分な皮脂を拭き取りつつ、肌を保湿し整えてくれます。ミセラーウォーターはとても良いメイクリムーバー、もしくはダブルクレンジングのファーストステップとしても最適であり、普通のトナー(ふきとり)と異なり、アルコールフリーのため、乾燥肌や敏感肌にもぴったりです。ですが、肌状態に合わせ、J-beautyのルーティーンの基礎である、水を使ってしっかりとクレンジングを行い、泡洗顔かクレンジングクリームでクレンジングステップを締めくることをお勧めします。軽くクレンジングしたいとき、メイクを直したいとき、もしくはエッセンスとして使用したい時にJ-beautyのミセラーウォーターを頼ることが良いでしょう。

ミセラーウォーターはどう使用するのか?

どんな商品でもそうですが、ミセラーウォーターの正しい使い方と間違った使い方があります。コットンにミセラーウォーターをしっかり含み、優しく肌のメイクや汚れを拭き取りましょう。目の周りは要注意。ウォーターを含んだコットンを瞼の上に寝かせることによって、拭き取りやすくなるようにメイクを和らげてくれます。ゴシゴシとした摩擦は避け、自然と汚れを浮かせるようにしましょう。ミセラーウォーターの製法は肌にとても優しくつくられているので、更に水で洗い流す必要はありません。また、ワークアウト後やその他の場面でも汗を拭き取るのに最適です。

J-beautyのミセラーウォーターのユニークな特徴は?

J-beautyのミセラーウォーターは、使用後に美容液やトリートメント、保湿液などが肌に栄養を与えやすく、柔らかくし、保湿して整えるためにエッセンスとしても利用できるようにつくられております。更に、J-beautyのミセラーウォーターは正確な肌トラブルを意識した有効成分が多く含まれています。J-beautyのミセラーウォーターは水で洗い流さなくてもいいので、有効成分はそのまま残り、肌に吸収されることができます。

私たちが今気に入っている、Bifestaのミセラークレンジングウォーターコレクションは3種類の展開があり(SENSITIVE, MOISTとBRIGHTUP)、敏感肌、乾燥肌、そして光沢のない肌をサポートしてくれます。肌の引き締めをサポートするプルランや、明るさをサポートするビタミンC、そしてやさしく角質除去可能とする乳酸のような成分により、マルチタスクなクレンザー、エッセンス、そして肌トリートメントとして利用できます。

たまには楽してスキンケアをしたい日もありますよね?そういう時は、「Less is More」(少ない方が豊かである)、であり、少ない方がスマートに物事をこなすということでもあります。高性能のミセラーウォーターは、気の遠くなる長いスキンケアルーティンを簡潔にしてくれる、全ての人が知っておくべき逸品です!

 

◉スキンケアブランド及びウェルネスブランドオーナーの皆さま:
私たちのアメリカのオンラインストア「The JBeauty Collection」でテスト販売してみませんか? 詳しくは、ぜひこちらからお問い合わせください!

 

 

前の記事
大手化粧品ブランドのソーシャルメディアからの撤退。脱ソーシャルメディアはトレンドになるか?

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 大手化粧品ブランドのソーシャルメディアからの撤退。脱ソーシャルメディアはトレンドになるか?

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 私たちの日本への帰国を拒む権利を誰がもっているのか?

私たちの日本への帰国を拒む権利を誰がもっているのか?

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
TikTokの新広告プログラム「Pulse」、その仕組みをいち早く解説。
詳細を見る
New
企業のFacebook活用術。発信スキルの高い3社に注目!
詳細を見る
New
泡立てネット、フォームメーカー、それとも手?クッション泡洗顔のコツ。
詳細を見る