ホーム ブログトップ アメリカの「ゲーム内広告」の可能性

Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2022.04.28

アメリカの「ゲーム内広告」の可能性

ゲーム内広告は、多くのアメリカ人にリーチできる優れた方法の一つです。アメリカ人の65%が少なくとも週に一度はゲームをプレイしているという調査結果があり、注目すべきポイントであると言えます[1]。これは、Twitter(22%[2])やSnapchat(32%[3])の利用者よりも多いのです。

ビデオゲームの広告プラットフォームであるFrameplayは、モバイルゲーム内で表示される広告効果の調査を実施。Basketball Battleというアプリゲームに食品ブランドMcCormickの広告を掲載し、アプリの閲覧時間などを調査しました。その結果、ゲームプレイを中断させるようなビデオブレイク広告や静止画広告と比較して、プレイを続けながら見られるゲーム内バナー広告は、効果的であることが判明しました。

さらに、ゲーム内広告とSNS広告の効果を比較した結果、ゲーム内広告はSNSのビデオフィード広告に比べ、インプレッションあたりのアテンション秒数は2.4秒で同等であるものの、アテンション数は1.4倍にものぼったのです[4]。

ゲームをしている最中は、広告には目が向かないのではないか、と考えられていたため、ゲーム内広告はこれまであまり活用されていませんでした。ただ、ゲームの邪魔にならなければ、ゲーム内広告はSNSのインフィード広告と同等の、もしくはそれ以上の効果がある可能性を秘めています。

メディア予算を有効的に活用するためにも、まずはブランド戦略の構築、そしてコミュニケーションプランニングが肝になります。Ys and Partnersはアメリカと日本の両国で、消費者調査に基づくブランド戦略構築を得意とする統合型マーケティングエージェンシーです。ぜひ、お気軽にご相談ください。

デジタル広告の最新トレンド事例はこちら!! ↓

米国マーケティングトレンド研究会2022.03.23

【現地レポート】Natural Products Expo West 2022 で見た最新の食品トレンド!

先週、南カリフォルニアで開催されたNatural Products Expo Westへ参加してきました。ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、これはアメリカ最大級の自然食品の展示会で、自然食品、飲料、消費財の最新 […]

参照元

  1. https://www.morningbrew.com/marketing/stories/2022/04/08/the-gaming-industry-wants-advertisers-to-take-it-seriously
  2. https://www.pewresearch.org/fact-tank/2019/08/02/10-facts-about-americans-and-twitter/
  3. https://datareportal.com/essential-snapchat-stats#:~:text=The%20United%20States%20of%20America%20has%20roughly%20107.1%20million%20active%20Snapchat%20users
  4. https://www.adexchanger.com/gaming/how-franks-redhot-gets-slam-dunk-viewability-measurement-for-in-game-ads/
前の記事
米国で注目の機能性ドリンク:リラクゼーション飲料のトレンド

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 米国で注目の機能性ドリンク:リラクゼーション飲料のトレンド

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 ケンタッキーがスローガンをちょっぴり変更!その背景を読み解く

ケンタッキーがスローガンをちょっぴり変更!その背景を読み解く

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
TikTokの新広告プログラム「Pulse」、その仕組みをいち早く解説。
詳細を見る
New
企業のFacebook活用術。発信スキルの高い3社に注目!
詳細を見る
New
泡立てネット、フォームメーカー、それとも手?クッション泡洗顔のコツ。
詳細を見る