Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.11.09

2022年の最新フードトレンド。ポテトミルクは植物性ミルクカテゴリーの人気商品になれるか?

植物由来の食品や飲料の人気が高まっていますが、その中でも新しい商品として注目されているのが「ポテトミルク」です。アーモンドミルクやオーツミルクよりも持続可能性が高く、干ばつの影響で多くのオーツ麦製品が品薄になっている時期に市場に登場しました。しかし、この商品が成功するかどうかは、ポテトミルクの味が他の商品よりも優れているかどうかにかかっています。

2020年代に入ってから、あらゆる種類の植物性食品がブームになっています。植物性の乳製品や肉の代替品は、2020年に294億ドル以上を荒稼ぎしました。10年後には3倍以上の1620億ドルになると予測する専門家もいます。植物由来の製品は、世間的にも高い評価を受けており、その需要はとどまるところを知りません。体にも環境にも優しいと言われています。[1]

特に、オーツミルクの人気は急上昇しています。2020年、オーツミルクの売上高は2億5200万ドルに達し、米国で最も急速に成長している代替ミルクとなりました。[2]水の使用量が少ないため、アーモンドミルクよりも持続可能性が高いと考えられており、米国で最も多い食物アレルギーの一つであるナッツアレルギーの人でも楽しめます。[3]

しかし、2022年、新たな植物性ミルクのライバルが登場します。それが、ポテトミルクなのです。

ポテトミルクとは?

ポテトミルクは、最新の植物性ミルクです。イギリスのスーパーマーケット「Waitrose(ウェイトローズ)」が発表したレポート「Food and Drink」によると、ポテトミルクは2022年以降に人気が出る可能性が高いと言われています。[4]

スウェーデンのポテトミルクブランドDUGは、ポテトミルクが「市場で最も持続可能な代替品」であると主張しています。つまり、ポテトミルクの製造に必要な資源は、豆乳やアーモンドミルク、オーツミルクよりも少ないということです。[5]多くの世論調査では、ミレニアル世代やZ世代にとって、ブランドの持続可能性が購入の意思決定に影響を与えることが明らかになっているため、これはポテトミルクにとって大きなニュースです。

また、ポテトミルクには、オーツミルクよりも人気が高まる可能性のある健康上の利点があります。その一つは、ポテトミルクが乳製品、大豆、グルテンを含まないことです。ダイエット中のアメリカ人の多くは、この3つの食品カテゴリーを極力避ける傾向にあり、中にはアレルギーを持っている人もいます。実際、アメリカで最も多いアレルギーは、乳製品、ナッツ類、大豆に関するもので、他の植物性ミルクにもこれらの食品が含まれています。[6]

ジャガイモには、人間が生きていくために必要なほぼすべての栄養素が含まれていることも大きな利点です。たんぱく質、食物繊維、各種ミネラル、ビタミンなど、人間が生きていく上で必要な栄養素をすべて含んでいます。不足しているのはビタミンAとビタミンDだけです。[7]

ポテトミルクはオーツミルクの人気を超えることができるのか?

アメリカでは、植物性ミルクといえばオーツミルクが主流です。豆乳やアーモンドミルクなどの選択肢は昔からありましたが、オーツミルクの人気が圧倒しています。様々な要因が考えられますが、多くの消費者はオーツミルクの味が最も優れていると評価しています。[8]

しかし、2021年のオーツミルクには、作物の不足という問題が発生していました。

2021年には多くの麦畑が枯れ、干ばつの影響で、シリアルやオーツミルクなどのオーツ製品に必要な量のオーツ麦の収穫が難しくなりました。今年の収穫量が少なかったため、オーツ麦の価格は過去最高に上昇しました。これにより、いずれ消費者レベルでの価格インフレを引き起こす可能性があります。[9]

多くのアメリカ人はオーツミルクを愛用していますが、価格が高くなりすぎれば、他の植物性代替品を求めるようになると考えられます。

ポテトミルクの成功のカギは味にあり。

2021年、アメリカ人の4人に1人が、肉類よりも植物性タンパク質を多く摂取していると報告しています。[10]パンデミックの影響で、多くの買い物客が自分の体調を意識し、より健康面を考えた上で決断するようになり、植物性製品がブームになるための最適な環境となりました。

人々が持続可能な製品や植物由来の製品を買いたいと思っていることを示す証拠はたくさんありますが、ポテトミルクが成功するかどうかは、1つの重要な要素、つまり味にかかっています。

今のところ、植物性ミルクで一番おいしいのはオーツミルクのようです。[11]植物性ミルクには、オーツミルク、大豆、アーモンド以外にもさまざまな種類があります。ライスミルク、ヘンプミルク、カシューナッツミルク、ココナッツミルクなど、さまざまな種類があります。その中でポテトミルクが圧倒的な存在感を示すためには、他のミルクでは実現できなかった「オーツミルクよりも美味しい」ということを実現しなければなりません。

確かに、アメリカの消費者の多くは、ポテトミルクの持続可能性という側面に惹かれるかもしれません。ある調査によると、植物性の肉を選ぶ理由として、環境面での持続可能性を重視すると答えた人は23%でした。しかし、33%の人は「味」で選んでいると答えています。つまり、環境に配慮した賢い買い物をしたいと思っていても、購入の意思決定には味覚の方が大きく影響するということです。

果たして、ポテトミルクは競合製品を追い越すほどのおいしさになるのでしょうか?それは実際に飲んでみてのお楽しみですね。


参照元:

[1] https://fortune.com/2021/08/11/plant-based-food-sales-meat-dairy-alternatives-increase-by-2030/

[2] https://www.kerry.com/insights/kerrydigest/2021/plant-based-milk-trends

[3] https://www.news-medical.net/health/Most-Common-Food-Allergies-in-the-USA.aspx

[4] https://www.theguardian.com/food/2021/oct/26/waitrose-to-sell-potato-milk-as-demand-for-plant-based-options-grows

[5] https://dugdrinks.com/

[6] https://www.foodallergy.org/living-food-allergies/food-allergy-essentials/common-allergens

[7] https://www.yahoo.com/entertainment/potato-milk-predicted-to-be-top-food-trend-2022-125107442.html

[8] https://www.foodandwine.com/lifestyle/non-dairy-milks-ranked

[9] https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-10-08/an-oat-killing-drought-is-signaling-oat-milk-oatmeal-inflation

[10] https://foodinsight.org/wp-content/uploads/2021/05/IFIC-2021-Food-and-Health-Survey.May-2021-1.pdf

[11] https://www.pcrm.org/news/blog/which-plant-milk-best-we-asked-our-readers-and-heres-what-they-said

前の記事
今話題の「ライブコマース」にピンタレストも参戦!ピンタレストTVのライブショッピング機能とは?

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 今話題の「ライブコマース」にピンタレストも参戦!ピンタレストTVのライブショッピング機能とは?

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 2022年のフードトレンド:柚子の人気が高まる3つの理由。

2022年のフードトレンド:柚子の人気が高まる3つの理由。

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
小売りマーケティングのトレンド:デジタル広告からの脱却を目指す広告主。
New
日本のスキンケアレビュー:La Vie Précieuseは大きなゲームチェンジャーだ
New
これからホリデーキャンペーンを始めるマーケティング担当者は要チェック!ピンタレストが提供するホリデーマーケティング情報。