Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.11.10

2022年のフードトレンド:柚子の人気が高まる3つの理由。

2021年のフードトレンドを書いたのは、つい先日。早くも来年のトレンドを占う時期となってしまいました。2022年、アメリカではどんな食品が流行るのでしょうか? オーガニックスーパーとして人気のホールフーズは、毎年、食品業界の専門家による「翌年の食のトレンド予測」を発表しています。

この食の専門家たちがブームになるだろうと予測する食品のひとつに、「柚子」があります。2022年には、柚子を使ったフレーバーの商品がいくつも登場する予定です。[1]

柚子の人気が高まるとホールフーズが予測するのには、3つの理由があります。

1. 柚子は、さまざまな料理に使える万能果実。

多くのメーカーやレストランが、柚子を生で食べるだけでなく、さまざまな料理に活用し始めています。食料品店では、柚子フレーバーのドレッシングやマヨネーズ、ドリンクが続々と登場するでしょう。苦みがあるためそのままでは食べにくいですが、皮や果汁はさまざまな料理に使うことができます。

レストランでは、麺類や肉類、サラダなど、あらゆるメニューに柚子を使う試みをしています。2022年春にはホールフーズで、マンゴーと柚子のケーキが季節限定で販売される予定です。[2]

柚子の人気の秘密は、さまざまな料理や飲み物に簡単に加えることができる点です。柚子の風味は、甘いものにもしょっぱいものにも合いますし、飲み物に加えればさらに美味しくなります。

2. ゆずには多くの健康効果がある。

アメリカの消費者は、自分の健康や、食品の健康効果に関心があります。新型コロナウイルスの流行により、消費者は、より健康を意識して食品を選ぶようになっています。77%の消費者が、以前よりたくさん野菜と果物を食べようと思っている、という調査結果もあります。[3]

柚子には、アメリカ人が関心を持っている健康上のメリットがたくさんあります。最も興味をそそられるのは、柚子はビタミンCが豊富に含まれているという点でしょう。柚子1個で、1日に必要なビタミンCをほぼまかなうことができます。ビタミンCは心身の健康と免疫力の向上につながる、とアメリカ人は考えています。[4]

3. 柚子は新しいが、市場はすでにある。

柚子は、日系移民がカリフォルニアに持ち込んだことがきっかけで、アメリカに定着しました。1990年代に入ると、レストラン向けに栽培する農家も出てきましたが、まだまだ珍しい存在です。[5]

柚子という言葉は多くのアメリカ人には馴染みがないかもしれませんが、柑橘系の果物を料理に使ったり、そのエキスを健康のために接種するといった考え方は、既に文化としてアメリカに根付いています。アメリカにはレモンペッパーチキンという料理があり、柚子胡椒のような調味料も、すでに使われています。全く同じではありませんが、似たものが既にアメリカにはあるので、柚子もきっと受け入れられることでしょう。

結論:柚子は次なる抹茶になれるかもしれない。

ホールフーズが予測した柚子トレンドの兆候は、既に現れています。今年の初め、オレゴン州ポートランドに、柚子を使用したビールの醸造所がオープンしました。ここは、Shimai Toshi酒造が運営するフルーツビール専門の醸造所です。[6] 人気のハンバーガーショップ「Shake Shack」では、ホリデーシーズンに向けて、ザクロと柚子を使った冬の季節限定ドリンクを発売しています。[7]

柚子は、今アメリカで話題の抹茶と同様に、様々な使い道があり、健康効果が高く、あらゆる料理や飲み物にも加えることができ、おしゃれな印象があります。食通向けの専門店のみならず、ホールフーズやシェイクシャックのようなチェーン店といった身近な場所でも広く扱われていくことでしょう。アメリカ文化に合った形で消費者に届けば、柚子はアメリカ人の舌をとりこにしてしまうかもしれません。


参照元:

[1] https://www.fooddive.com/news/whole-foods-forecasts-alcohol-free-cocktails-yuzu-among-2022s-top-trends/608471/

[2] https://media.wholefoodsmarket.com/whole-foods-market-reveals-top-10-food-trends-for-2022

[3] https://www.retailtimes.co.uk/consumers-increasingly-open-to-adopting-healthier-and-more-sustainable-diets-igd-shows/

[4] https://www.webmd.com/diet/yuzu-fruit-health-benefits#2

[5] https://www.nytimes.com/2003/12/03/dining/the-secrets-behind-many-chefs-not-so-secret-ingredient.html

[6] https://pdx.eater.com/2021/1/19/22238935/shimai-toshi-brewing-killer-burger-russell-opening-portland

[7] https://www.thrillist.com/news/nation/shake-shack-new-seasonal-drinks

前の記事
2022年の最新フードトレンド。ポテトミルクは植物性ミルクカテゴリーの人気商品になれるか?

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 2022年の最新フードトレンド。ポテトミルクは植物性ミルクカテゴリーの人気商品になれるか?

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 ミニマリストにお薦め、J-BeautyのCCクリームとは?

ミニマリストにお薦め、J-BeautyのCCクリームとは?

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
小売りマーケティングのトレンド:デジタル広告からの脱却を目指す広告主。
New
日本のスキンケアレビュー:La Vie Précieuseは大きなゲームチェンジャーだ
New
これからホリデーキャンペーンを始めるマーケティング担当者は要チェック!ピンタレストが提供するホリデーマーケティング情報。