ホーム ブログトップ ピンタレストの著作権問題とは?過去の訴訟トラブルを交えて解説

ブログ

米国マーケティングトレンド研究会 2021.06.23

ピンタレストの著作権問題とは?過去の訴訟トラブルを交えて解説

Pinterest(ピンタレスト)は、ユーザーが自分のピンタレストページに画像を保存することができるソーシャルメディア・プラットフォームおよび検索エンジンです。しかし、自分が公開していない他者のピンを保存すると、著作権法違反になる可能性があります。企業はこの点に留意することが特に重要です。過去には、無断で使用されていた画像を保存して使用したことで、アカウントを訴えたユーザーもいました。

2009年12月に設立され、2010年3月にサービスを開始したピンタレストは、インターネット上で最も人気のあるソーシャルメディア・プラットフォームの一つに成長しました 。12020年だけで100億ドルの収益を上げ、2020年末までに380億ドル以上の価値を持つ企業となりました。参考までに、2020年の初めには、ピンタレストの価値は100億ドルでした。2

ピンタレストは、ユーザーが個人的なインスピレーションを得るために画像を集めた「ボード」を作成できる、バーチャルなビジョンボードです。人気のカテゴリーは、旅行、レシピ、インテリア、デザイン、ファッションなどで、アメリカの平均的なピンタレストユーザーは、女性、白人、そして母親です。企業もピンタレストを使ってこれらのユーザーとつながりを持ち、特に商品購入のきっかけづくりをしています。

しかし、ピンタレストは著作権法に関しては厄介なところがあります。ビジネスでピンタレストを利用する際には、いくつか注意点を心に留めておくことが大切です。

再ピン留めは著作権侵害になるか?

ピンタレストの大きな特徴は、画像を「再ピン留め」する機能です。これは、自分のアカウントに紐付けられたボードに画像を追加することを指します。再ピン留めする画像は、ピンタレストの検索機能や、ユーザーの過去の活動に基づいてアルゴリズムが魅力的だと判断した画像を自動的に表示する、ピンタレストのホーム画面で見つけられます。

一般的なピンタレストユーザーは、これらの画像を集めることに問題はありませんが、企業はより慎重にならなければなりません。著作権で保護された画像をピンタレストの広告に使用したり、許可を得ずにボードに保存したりすると、問題になることがあります。

新しいピンを投稿する際、ピンタレストは、アップロード者自身が画像の所有者であるとみなします。ピンタレスト社は著作権の主張を真剣に受け止めており、投稿した画像が他社に属していることが判明した場合、あるいは苦情を申し立てられた場合、アカウントが取り消される可能性があります。こういったトラブルは、自身がオリジナルの投稿者でなくても起こる場合があります。違法な作者やクリエイターの画像を共有したアカウントも、懲戒処分を受ける可能性があるからです。3

ここでは、フォトグラファーがピンタレストに対して著作権を主張した2つのケースを見てみましょう。

ピンタレストの著作権訴訟。

フォトグラファーのHarold Davis(ハロルド・デイヴィス)氏とVincent Tylor(ビンセント・タイラー)氏が、著作権侵害を理由にピンタレストに対して少なくとも2件の訴訟を起こしています。

ハロルド・デイヴィス氏は、数々の賞を受賞している写真家で、華やかで自然な写真を多く撮影しています。彼の作品は、ピンタレストのユーザー層にぴったりです。しかし、彼の画像の一部が、彼のFlickr(フリッカー:写真の共有を目的としたコミュニティウェブサイト)アカウントから許可なくピンタレストにアップロードされました。4

これらの画像はピンタレストのピンとなり、大量に流通しました。実際、これらの画像は、ピンタレストがユーザーにお勧めのピンを紹介するメールに掲載されるほど人気がありました。 これらのメールの送信を許可することで、ピンタレストは、デイヴィス氏のコンテンツを彼の許可なくマーケティングに利用したことになります。

ビンセント・タイラー氏も同様の訴えをしています。タイラー氏は、ハワイの風景写真で有名な写真家で、自分の写真を販売したり、ライセンスを取得したりして生計を立てています。

このケースでは、タイラー氏はピンタレストに直接クレームをつけるのではなく、ピンタレストのページで自分の画像を無断で使用したボトルウォーターの会社であるHawaiian Springs(ハワイアン・スプリングス)に対してクレームをつけました。タイラー氏は、これらの写真を使用するために支払いを受けたり、許可を求められたりしたことはありませんでした。使用された画像はすべて米国著作権局からライセンスを受けたものであり、この件は公然と取り扱われ、ハワイアン・スプリングス社は写真の削除を余儀なくされました。しかし、彼らのピンタレストアカウントはまだ有効なままです。 5

ピンタレストと著作権法違反のまとめ。

著作権侵害は非常に深刻な問題ですが、訴えられたり罰せられたりする可能性は非常に低いです。著作権侵害で訴えられる可能性があるのは、その画像が米国政府の記録ですでに公式に著作権保護されている場合のみで、違反に対する米国での罰則のほとんどは、罰金または当該アカウントの停止です。

無用なトラブルを避けるためには、企業がピンタレストページに何を追加しているかを正確に把握することが重要です。このようなトラブルを避けるためにも、ピンタレストを始める前に、ソーシャルメディアの専門家に相談することをお勧めします。

ピンタレストマーケティングをご検討されている皆さま、ぜひワイズアンドパートナーズにご相談ください。経験豊富なスタッフが、お客様に適した事例をお話しさせていただきます。

 

米国マーケティングトレンド研究会2021.05.28

SNSマーケティング:初心者のためのPinterestガイド。ピンタレストの使い方と取り入れるべき理由とは?

Pinterest(ピンタレスト)は、世界で最も人気のあるソーシャルメディアの一つです。インスタグラムやフェイスブックなどのソーシャルメディアとは異なり、ピンタレストの主な目的は、ユーザーの検索にマッチした画像でユーザー […]

米国マーケティングトレンド研究会2021.10.12

Pinterestがマーケティングツールとして欠かせない3つの理由。

私たちは、日々ビジネスでPinterestを運用しています。 もし下記の項目に当てはまるようでしたら、ビジネスでの活用をおすすめします。 ミレニアル世代、女性とママをターゲットとしている。 Eコマースの売上向上を試みてい […]

米国マーケティングトレンド研究会2021.11.08

ピンタレストが「ライブコマース」に参戦!ピンタレストTVのライブショッピング機能とは?

近年、急成長を遂げているPinterest(ピンタレスト)が今月、新しくショッピング機能がついたライブ配信機能(ライブコマース)である「Pinterest(ピンタレスト)TV」を米国時間11月8日に展開すると発表し、注目 […]

米国マーケティングトレンド研究会2021.11.15

ピンタレストからウェブサイト集客を大幅に増やす、ウェブサイト認証とは?

Pinterest(ピンタレスト)は視覚型サーチエンジンで、ウェブサイトへの集客に最適なSNSプラットフォームだと言われています。今回は、ピンタレストからウェブサイトへの集客を大幅に増やす方法として、ピンタレストのウェブ […]


参照元:
[1] Pinterest
[2] Pinterest Stock Rockets Toward Best Day on Record as Analysts Cheer Valuable and Growing User Base
[3] How to Use Pinterest Copyright Legally
[4] Pinning Copyright Violations on Pinterest
[5] Court Pins Down Company’s Pinterest Infringement

プロジェクトのご相談やご依頼につきましては、以下のフォームに必須項目をご入力ください。
24時間以内に回答いたします。

お問い合わせ
前の記事
セミナーレポート!第10回アメリカマーケティングセミナー「ポストコロナのビューティトレンド:今がチャンス!これからアメリカにチャレンジするJ-Beautyブランドへの提案」を開催いたしました!

前の記事 米国マーケティングトレンド セミナーレポート!第10回アメリカマーケティングセミナー「ポストコロナのビューティトレンド:今がチャンス!これからアメリカにチャレンジするJ-Beautyブランドへの提案」を開催いたしました!

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド ジャンスポーツ社、メンタルヘルスキャンペーンで若い消費者との交流を計画。

ジャンスポーツ社、メンタルヘルスキャンペーンで若い消費者との交流を計画。

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

越境ECの集客方法7選!どんな施策が効果的?売上を伸ばすための基本とは?
詳細を見る
越境ECプラットフォームの選び方:アメリカならShopifyがおすすめ?選び方のポイントと注意点を解説!
詳細を見る
【リブランディング成功例】ターゲット層を男性から女性へ変えて収益が10倍に! スタンレー社
詳細を見る

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

トップに
戻る