RICOH様

世界中の発達障害の子どもたちに、
正しい診断を

2017年、EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESという新しい方向性を打ち出し、社会が抱えるさまざまな課題の解決に挑戦することを表明した、グローバル企業のリコー様。

11万人を超える全世界の従業員に、この大切なメッセージを届けるめに、ワイズアンドパートナーズは、小冊子作成のご支援をしました。

そして2018年、私たちはアメリカと日本のそれぞれの国のオフィスで、クリエイティブチームとメディアチームが協働し、ネイティブアドの制作に取り組みました。

その第一弾として、発達障害の子供たちを検査・診断できる脳磁計という製品をフィーチャーし、その社会的にも非常に価値のある医療機器を使い、子供たちの治療にあたる金沢大学の教授に取材を行ないました。

取材後、英語と日本語のライターが翻訳をすることなく、それぞれのカルチャーにあわせてライティングを行なえるのは、ワイズアンドパートナーズの日米オフィスが常に連携してプロジェクトを行なっているからです。

この記事は、アメリカと日本のインターネット上で配信。その後、CNNやFOX、ABCやMSNなどを始めとする大手ニュースサイトを中心としたWebメディアに掲載され、約 20日間で 1000万近いインプレッションを記録しました。

この期間中、発達障害を持つ親からの問い合わせが相次ぎ、大きな反響があったことは、ワイズアンドパートナーズのビジョン「マーケティングが人を救う」とも共鳴できた、私たちにとっても貴重なプロジェクトになったと考えています。

RICOH様

Our Service
  • インナーブランディング
  • グラフィックデザイン制作
  • コピーライティング
  • フォトシューティング
  • ウエブコンテンツ制作
  • ネイティブアド制作
  • メディアプランニング
  • メディアバイイング
Market
  • 北米
  • 日本
Our Language
  • 英語
  • 日本語