ホーム ブログトップ [Google検索キーワード]2021年フード関連で最も検索が多かったのは?

Ys Blog

米国マーケティングトレンド研究会 2021.12.27

[Google検索キーワード]2021年フード関連で最も検索が多かったのは?

毎年、マーケターにとって注目したいのが、グーグルから発表される「サーチレポート」です。このレポートでは、グーグルで最も検索されたキーワードがカテゴリー別でまとめられています。今回は、このレポートの中から、2021年最もグーグルで検索されたフード関連のキーワードをご紹介します[i]。今年は、ある意外な日本食がトップ10入りを果たしました。しかし、これは多くの日本人が日本語で検索したことも影響していそうです。

フードトレンドはTikTokから発信Feta Pasta(フェタパスタ)」がトップ10入り

近年のフードトレンドのほとんどはティックトックから出ている、と言っても過言ではありません。その中でも、今年とくに話題になり、このグーグル・フードトレンド上位10位にも入っているのが、「フェタパスタ」です。「フェタパスタ」の作り方はとてもシンプルで、フェタチーズとプチトマトをベーキングしたものに、パスタを入れて混ぜるだけで完成します。このようにとても簡単に作れることや、フェタチーズ、プチトマト、パスタ以外にも、様々な材料を入れ、アレンジが無限大にできることも人気になった理由と言えるでしょう。「フェタパスタ」のアレンジレシピを紹介した良い事例がこちら:Hokto Kinoko(ホクトキノコ)の Feta Mushroom Pasta

コロナ禍で人気向上「Charcuterie Board(シャルキュトリーボード)」

2021年のフードトレンドで欠かせないのが、「シャルキュトリーボード」という、チーズやサラミ、生ハム、ナッツ、フルーツなど、とくにワインと合うスナックを一つのボードに盛り合わせた「前菜ボード」です。コロナ禍で家に引きこもる時間が増えたことにより、自宅でアルコールを飲む際の「おつまみ」として、また小さなホームパーティーを開いた際の「おもてなし料理」として出されることが多くなりました。SNS(とくにピンタレスト)で「シャルキュトリーボード」の盛り付けアイデアを投稿し、「シャルキュトリーボード」セットを売り出すブランドも増えています。

オートミールが朝食の定番に?オートミールのアレンジレシピ

朝食といえば、アメリカではトーストやパンケーキ、コーンフレークなどが定番でしたが、近年では消費者の健康意識が高まり、カロリーが低く、植物繊維の高いオートミールの需要が高まっています。オートミールとは、穀物の一種であるオーツ麦を食べやすく加工したもので、様々な食べ方があります。

とくに、今年のグーグル・フードトレンドに入ったのが、「Baked Oats(ベークドオーツ)」と「Overnight Oats(オーバーナイトオーツ)」です。

まず、「ベークドオーツ」とは、簡単に言うと小麦粉の代わりにオートミールを使ったケーキのことです。そして、「オーバーナイトオーツ」とは、オートとミルク(またはヨーグルト)、チアシード、フルーツを混ぜて一晩寝かしたものを言います。「フェタパスタ」に続き、こちらもTikTokで流行ったレシピで、まさにTikTokがフードトレンドを作っていることが分かります。

お寿司やラーメンではない、日本食が検索キーワードトップ10入り!

外国人に「日本食といえば何を思い浮かべる?」と聞けば、お寿司やラーメンを答えるひとが多いかと思います。しかし、2021年のグーグルトレンドによれば、今年はある意外な日本食がトップ10入りを果たしました。

一つ目は、定食の定番とも言える「豚汁」です。アメリカの日本食レストランでは、主菜の前にお味噌汁を提供するところも多く、お味噌汁の認知度は高いほうだと言えるでしょう。そのため、多くのレシピサイトには、「豚汁」について「お味噌汁に豚肉とたくさんの根菜類が入ったとても健康にいいスープ」だと説明しています。

また、「Tonjiru」とグーグルで検索すると、「Tonjiru recipe midnight diner」が関連サーチとして出てきます。この「Midnight diner」とは、日本の大人気ドラマシリーズ「深夜食堂」のことを意味します。「深夜食堂」は2016年にネットフリックスで世界配信され、大きな話題を集めました。このドラマのオープニングシーンでは、「飯屋」のマスターが豚汁を作っている様子が見られるため、そこから「豚汁」の認知度も上がったのではないかと考えられます。

「豚汁」と一緒にトレンド入りをしたのが、なんと「生姜焼き」と「ぶりの照り焼き」でした。この2つの料理には、どちらも日本人にとっては定食の定番であることや、「Comfort food(コンフォートフード)」(主に、食べると子供の頃の事を思い出し、心が和むような家庭料理のことを指す)であることが共通点としてあげられます。このように、お寿司やラーメン以外の日本食も世界に周知され始めているのは、とても喜ばしいことですね。

Ys and Partnersでは、SNS用にレシピ開発、調理、撮影、投稿まで、一貫したコンテンツ制作と運用を行っています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

米国マーケティングトレンド研究会2021.11.10

2022年のフードトレンド:柚子の人気が高まる3つの理由。

2021年のフードトレンドを書いたのは、つい先日。早くも来年のトレンドを占う時期となってしまいました。2022年、アメリカではどんな食品が流行るのでしょうか? オーガニックスーパーとして人気のホールフーズは、毎年、食品業 […]

米国マーケティングトレンド研究会2021.11.09

2022年の最新フードトレンド。ポテトミルクは植物性ミルクカテゴリーの人気商品になれるか?

植物由来の食品や飲料の人気が高まっていますが、その中でも新しい商品として注目されているのが「ポテトミルク」です。アーモンドミルクやオーツミルクよりも持続可能性が高く、干ばつの影響で多くのオーツ麦製品が品薄になっている時期 […]

参照元

  1. https://trends.google.com/trends/yis/2021/GLOBAL/
前の記事
J-Beauty Spotlight:日本で活躍するPRプロデューサー石山明日香へのインタビュー!

前の記事 米国マーケティングトレンド研究会 J-Beauty Spotlight:日本で活躍するPRプロデューサー石山明日香へのインタビュー!

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド研究会 TikTokが、ネット上で人気のメニューを宅配する新サービスを発表。

TikTokが、ネット上で人気のメニューを宅配する新サービスを発表。

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
キャンドルの種類をご紹介。ワックスによる違いを楽しんで。
詳細を見る
New
B to BのPRやコラボに、LinkedInというソーシャルメディアの活用方法。
詳細を見る
New
創立したばかりのブランドでも大幅に認知が向上!「ブランドコラボ」の成功事例。
詳細を見る