ホーム ブログトップ インスタ集客に効果的!60秒動画「リール」2022年 予測

ブログ

米国マーケティングトレンド研究会 2022.02.07

インスタ集客に効果的!60秒動画「リール」2022年 予測

インスタ集客にも効果があると言われる「リール」ですが、2022年も引き続きインスタグラムが「リールファースト」のプラットフォームへと向かっていることは間違いありません。この記事では2022年のリールに関する予測をピックアップしていきます。

インスタ集客、リール投稿の方がユーザーへのリーチが伸びる

 インスタグラムといえば、「写真共有に特化したソーシャルメディア」というイメージが今までありましたが、リールにより、そのイメージが覆される日も遠くはありません。それは、2022年以降も引き続きインスタグラムが「リールファースト」でプラットフォームを改修していくと発表したからです。リールとは最大60秒の縦長動画の投稿・視聴ができるインスタグラムの人気機能です。これにより、ますますリール投稿が優先的にフィードや発見タブ(Explore)に現れ、写真投稿よりもリール投稿の方が、圧倒的にリーチが伸びるといった傾向が見られるでしょう。

また、SNSマネジメントツールを提供しているLater社によると、将来的には、インスタグラムを開くとフィードではなくリールの発見ページがホーム画面として表示されたり、フィードからでもリール投稿がフルスクリーンで視聴できるようになるなどのアップデートが予測されています[i]。

 リールのアルゴリズムがさらに進化

 フィード投稿と同様に、リールの表示方法は、インスタグラムのアルゴリズムとデータ構造により決められています。このブログで説明するように、インスタグラムは利用者の「いいね」などの履歴や傾向から、似たような投稿を積極的にフィードで表示しています。リールの場合はまだ比較的新しい機能であるため、実際にはどのようなアルゴリズムの仕組みで表示されているのかあまり知られていません。

ひとつだけ課題点として挙げられるのは、競合であるティックトックのアルゴリズムのような正確性にはまだ達していないことです。インスタグラムの責任者であるAdam Mosseri(アダム・モッセリ)氏も、リールについて「ティックトックなどの競合他社のショート動画アプリに比べ、まだ劣っているところがある」と認めています。2022年はこのアルゴリズムの改善が期待できるでしょう。

インスタとティックトック、差別化がより明らかに?

 リールが公開された当初は、ティックトックとどう違うのか、どう使い分けをすればいいのか、と疑問に思った利用者も少なくありませんでした。現在見られる大きな違いは、リールの方がティックトックよりも厳選的で戦略的に作りこまれている場合が多いということです。

例えば、ティックトックの場合、日常で起こった面白い瞬間やダンス動画など、リアルな日常生活や姿を撮った動画が流行っています。一方で、現在インスタのリールトレンドを見ると、お洒落で映える動画が流行っている傾向にあります。これは、インフルエンサーを含む、インスタグラム利用者が自身のフィード全体のテーマや世界観に合うようにリールを制作しているからだと考えられます。

SNSマーケティングに取り組む企業としては、この二つのプラットフォームの戦略を分けて考えることが必要になるでしょう。

米国マーケティングトレンド研究会2022.01.24

インスタ集客、今後の鍵を握るのはソーシャルコマース

「Accenture」のレポートによると、ソーシャルコマースは、2021年から2025年までに4,920億ドルから1.2兆ドルまで成長すると予想されており、Eコマースの成長よりも3倍速く進んでいると言われています[i]。 […]

Ys and Partnersではアメリカと日本の両国でSNSでのブランディングや集客コンサルティングを行なっております。ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

参照元

  1. https://later.com/blog/instagram-reels-predictions/
海外進出 | 越境EC | 訪日観光 | マーケティングご担当者様の課題を解決します! サービスを見る 海外進出 | 越境EC | 訪日観光 | マーケティングご担当者様の課題を解決します! サービスを見る
前の記事
表現者として、心だけは菌や株に閉ざされぬよう、生きていかなければ。

前の記事 米国マーケティングトレンド 表現者として、心だけは菌や株に閉ざされぬよう、生きていかなければ。

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド 【2022米国の消費者調査】ミレニアル世代とZ世代の消費行動:3つの重要なショッピング傾向

【2022米国の消費者調査】ミレニアル世代とZ世代の消費行動:3つの重要なショッピング傾向

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
越境ECとは?日本企業が始めるべき理由、メリット・デメリット、注意点までを解説
詳細を見る
New
日本の越境EC:お菓子のサブスクサービスを比較してみた!
詳細を見る
SNSで拡散!ユーザーのバイラルビデオへの神対応 : スタンレー社
詳細を見る

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

トップに
戻る