ホーム ブログトップ 2022 マーケティングトレンド予測!最新「SNSトレンド」

ブログ

米国マーケティングトレンド研究会 2021.12.13

2022 マーケティングトレンド予測!最新「SNSトレンド」

2021年も終わりに近づいてきました。来年を迎える前に考えておきたいのが、インスタグラムも含めたSNSのマーケティング戦略です。今回は、CMS WiREが発表した、2022年に向けた最新SNSトレンド予測をご紹介します[i]。来年もインスタグラムなどを使って知名度を上げたい、集客を増やしたい企業の担当者様は必見です。

2022年、注目の最新SNSトレンド

トレンド1SNSがカスタマーサービスの場になる。

2021年以上に、2022年はSNSでEコマースの体験ができるSNSで出来る「ソーシャルコマース」の勢いが増すと予測されています。そのため、SNSでもカスタマーサービスの対応が重要になり、SNSトレンドとなると予測されます。

Sprout Socialの2020年の調査によると、75%以上の顧客が、質問に対して24時間以内のレスポンスをブランドに求めています。また、「SNSで競合他社と差別化を図るためにブランドができることとは?」という質問に、47%が「質問に早く答えるなど、カスタマーサービスを強化すること」と答えています[ii]。そのため、来年のSNS戦略では、今まで以上にSNS上でのカスタマーサービス対策が必要になると言えるでしょう。

トレンド2:インフルエンサーだけでなく、「クリエイター」の需要が増える。

インフルエンサーマーケティングは、SNS集客や認知度向上などのための施策として、長年活用されています。しかし、近年増えているクリエイティブ制作ツールの普及により、インフルエンサーとはまた少し違う、「クリエイター」の存在も大きくなっています。そして、この「クリエイター」が2022年は、SNSトレンドとなると予測されます。

インフルエンサーは、「フォロワーを影響するひと」のことを言います。基本的に、彼らは自身の影響力を使い、SNS上で実際に製品を使ってみた写真や動画を投稿し、フォロワーに「自分も使ってみたい!」と思わせる役目を担っています。一方で、クリエイターは、「クリエイティブを発信する人」です。彼らの目的は、フォロワーに何かを使ってもらうのではなく、「クリエイティブを通して製品のストーリーを伝えること」にあります。クリエイターの強みは、自身のクリエイティビティとセンスを生かし、人々がエンゲージしたくなるコンテンツを提供できることです。

もちろん、クリエイターの中にも影響力を持つひともたくさんいますし、インフルエンサーの中にもクリエイターと呼べるひともいます。しかし、静止画からショート動画、長編動画まで、SNSで発信できるコンテンツタイプが増えていることから、ますますクリエイターの需要が多くなっていることは間違いありません。企業は、インフルエンサーとクリエイターの違いを知っておく必要があるでしょう。

トレンド3:ショート動画の普及によりSNS分析の幅が広がる。

TikTokから始まり、今ではインスタグラムの「Reels(リール)」、YouTubeの「Shorts(ショート)」など、ショート動画の人気は、今までのSNSの在り方を変えようとしています。半年前には、インスタグラムのCEOであるAdam Mosseri(アダム・モッセーリ)氏が、同プラットフォームを写真コンテンツから動画コンテンツに特化させることを発表しました。

SNSマーケティングのプロセスでとても重要なのが「分析」ですが、ショート動画コンテンツが当たり前になりつつある今、企業にとっては、動画の分析を最適化する必要があります。今後は、インスタグラムやYouTube上で出来る分析の幅や、動画の分析に特化したサードパーティー機能が増えることも予測され、押さえておくべきSNSトレンドとなりつつあります。

トレンド4:「サブコミュニティー」に特化したSNSプラットフォームが増える。

すでに地位を確立しているフェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどのSNSプラットフォームは、大きなコミュニティーに発信することに特化していますが、新しく市場に上がっているSNSプラットフォームのトレンドは、比較的閉鎖された小さいコミュニティーに向けたものが多いと言われています。

とくに良い例が、アメリカ発、招待制の音声配信SNS「クラブハウス」です。クラブハウスは、繋がりがある人同士でラジオ放送のように自由に会話を楽しむことができるプラットフォームで、招待制でプライベート感があることで、アメリカではまだ一定の人気を集めています。このようなSNSプラットフォームを活用したSNSマーケティング施策の事例はまだあまり出ていませんが、企業にとっては今後注目するべきSNSトレンドのひとつです。

Ys and Partnersでは、コメントやメッセージ対応を含めたSNS運用や、動画を利用したクリエイティブ制作、インフルエンサー施策、SNS分析など、日米で幅広いSNSマーケティング支援を行っています。興味のあるかたは、ぜひこちらからお問い合わせください。

米国マーケティングトレンド研究会2021.12.21

2022年 SNSトレンド予測(動画コンテンツトレンド)

TikTokを皮切りに、ソーシャルメディアはますます「動画ファースト」の時代へと進んでいます。Meta Platforms, Inc(旧称:Facebook, Inc.)も、もともと写真フォーカスであったフェイスブックと […]

米国マーケティングトレンド研究会2022.01.24

インスタ集客、今後の鍵を握るのはソーシャルコマース

「Accenture」のレポートによると、ソーシャルコマースは、2021年から2025年までに4,920億ドルから1.2兆ドルまで成長すると予想されており、Eコマースの成長よりも3倍速く進んでいると言われています[i]。 […]

参照元

  1. https://www.cmswire.com/digital-marketing/what-social-media-trends-will-emerge-for-2022/
  2. https://sproutsocial.com/insights/index/

プロジェクトのご相談やご依頼につきましては、以下のフォームに必須項目をご入力ください。
24時間以内に回答いたします。

お問い合わせ
前の記事
先週ロサンゼルスから日本に帰国した社員の、成田空港からの速報。

前の記事 米国マーケティングトレンド 先週ロサンゼルスから日本に帰国した社員の、成田空港からの速報。

次の記事

次の記事 米国マーケティングトレンド [PR施策]2nd Street(セカンドストリート)様が、アメリカのABCニュースに取り上げられました!

[PR施策]2nd Street(セカンドストリート)様が、アメリカのABCニュースに取り上げられました!

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

“米国マーケティングトレンド研究会”
最新の記事

New
アニメエキスポ2024現地レポート!日本のアニメ文化の世界的広がりとビジネスチャンス
詳細を見る
New
J-POPアーティスト「YOASOBI」は、なぜアメリカで人気になったのか?
詳細を見る
【アメリカ進出成功事例】「ラウンドワン」がアメリカで絶好調!その意外な理由とは?
詳細を見る

ランキング

今月の人気記事はこれっ!

トップに
戻る